2020年11月24日、スズキはコンパクトSUVのエスクードに特別仕様車「Sリミテッド」を設定して発売すると発表した。

専用の加飾やアイテムを装着し、上質感のあるデザインに

エスクードは、スズキのコンパクトSUVだ。現行型は2015年に発売された4代目にあたり、ハンガリーのマジャールスズキで製造したものを輸入販売している。

今回の特別仕様車「Sリミテッド」は、カッパーブラウンの専用加飾をエクステリアやインテリアのアクセントに採用し、切削加工の17インチアルミホイールや本革/スエード調の専用シート表皮など、以下のような特別装備を施して、上質感のあるデザインとしている。

画像: 専用色のカッパーブラウンを採用したインパネガーニッシュ。

専用色のカッパーブラウンを採用したインパネガーニッシュ。

■エスクード Sリミテッド 特別装備

◎エクステリア
●専用LEDヘッドランププロジェクターカバー(カッパーブラウン)
●専用17インチアルミホイール(切削加工&カッパーブラウン塗装)
◎インテリア
●専用色インパネガーニッシュ(カッパーブラウン)
●専用色センター&サイドルーバーリング(カッパーブラウン)
●専用ガーニッシュ付きセンタークロック(カッパーブラウン)
●専用本革&スエード調シート表皮(ブラウンステッチ)
●専用色ドアアームレストオーナメント(カッパーブラウン:フロント/リア)
●成形ドアトリム(専用キルティング加工スエード調クロス入り:フロントドア)
●専用色シフトゲートガーニッシュ(カッパーブラウン)
●ステンレス製ペダルプレート

画像: シート表皮は専用の本革とスエード調のコンビ。

シート表皮は専用の本革とスエード調のコンビ。

ボディカラーは、新設定のスフィアブルーパールを含む全4色で、すべて2トーンルーフ仕様車のみの設定。ルーフ色にはギャラクティックグレーメタリックを国内モデルに初採用し、新たな組み合わせの特別専用色を3色設定した。

現行型のエスクードはモノグレードで、Sリミテッドのパワートレーンはベース車と同じ1.4Lの直4 DOHC VVT直噴ターボ。トランスミッションは6速ATで、駆動方式はFFベースの4WD。車両価格(税込)は277万4200円と、ベース車より6万6000円高となっている。

画像: ボディカラーは、4色が設定されている。

ボディカラーは、4色が設定されている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.