鬼才デヴィッド・クローネンバーグの劇場用映画監督デビュー作「シーバース/人喰い生物の島」が国内初ブルーレイ化。特典映像も収録した最終盤として2021年2月10日に発売されることが決定した。

ホラー映画の超重要作品かつファン垂涎の作品が初ブルーレイ化

画像: ホラー映画の超重要作品かつファン垂涎の作品が初ブルーレイ化

『スキャナーズ』『ヴィデオドローム』『ザ・フライ』『ヒストリー・オブ・バイオレンス』『クラッシュ』など数多くの作品で知られる巨匠デヴィッド・クローネンバーグが初めて撮った劇場用映画「シーバース/人喰い生物の島」。セックスによって人から人へ移っていく寄生虫による恐怖を描いた侵略SFで、伝説のホラー映画と名高い本作が国内初ブルーレイ化!ファン待望の初収録となるテレビ放送時の日本語吹替音声やデヴィッド・クローネンバーグによるオーディオコメンタリーの他、90分の豊富な特典映像収録を収録した<最終盤>と通常盤のブルーレイが2021年2月10日(水)に発売されることが決定した。

画像1: 鬼才クローネンバーグの劇場用映画監督デビュー作「シーバース」国内初ブルーレイ化!
画像2: 鬼才クローネンバーグの劇場用映画監督デビュー作「シーバース」国内初ブルーレイ化!

シーバース/人喰い生物の島<最終盤>
2021年2月10日(水)発売|BD BOX(2枚組)¥8,800+税

画像3: 鬼才クローネンバーグの劇場用映画監督デビュー作「シーバース」国内初ブルーレイ化!

【映像特典】〇困難を乗り越えろ/デヴィッド・クローネンバーグへのインタビュー(12分)〇グッド・ナイト・ナース/リン・ロウリー(女優)へのインタビュー(17分)〇ジョー・ブラスコ(特殊メイク)へのインタビュー(13分)〇シネピックスの祝福/ジョン・ダニングの伝説 グレッグ・ダニングへのインタビュー(10分)〇デヴィッド・クローネンバーグへのインタビュー(1988年収録)(22分)〇スチール・ギャラリー/ジョン・ダニング(製作総指揮)によるインタビュー音声付(10分)〇テレビ・スポット(1分)〇ラジオ・スポット集(2分)〇劇場予告編(3分)

【音声特典】〇テレビ放送時日本語吹替音声|テレビ放送時タイトル:「SF人喰い生物の島」(1979年5月15日テレビ東京にて放送)制作会社:コスモプロモーション|出演:ルウク:井上真樹夫 ホーサイズ:高橋ひろ子 ロロ:大久保正信 チューダー:徳丸完 ジャニイン:小野洋子 ベッツ:尾崎桂子 パーキンス:たてかべ和也〇デヴィッド・クローネンバーグ監督によるオーディオコメンタリー 〇ドン・カーモディ(共同製作)によるオーディオコメンタリー 〇バタリアンズ(山口雄大監督&井口昇監督)によるオーディオコメンタリー

【封入特典】BOX仕様、16ページブックレット(山崎圭司監修)

発売・販売:キングレコード

『シーバース/人喰い生物の島』 1975年 
監督・脚本:デヴィッド・クローネンバーグ|出演:ポール・ハンプトン、ジョー・シルヴァー、リン・ローリイ、アラン・ミジコフスキー
【STORY】人間の内臓の代わりになると研究されていた寄生虫には恐るべき秘密が隠されていた。それは寄生虫に寄生された人間は理性を失ってしまうということ。セックスにより次から次へと寄生虫の感染は拡大し、マンションの住民たちは寄生虫に寄生されていく……

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.