アストンマーティンは、2020年11月20〜21日に六本木ヒルズの大屋根プラザでオールラインアップを展示するイベント「ASTON MARTIN Deserves to be driven」を開催した。

最新のSUV「DBX」など4車種が勢揃い

イギリスを代表するスーパースポーツカー ブランド「アストンマーティン」。イタリアやドイツのスーパースポーツカーとは違う、独自の世界のファンは日本にも多い。

そんなアストンマーティンが、六本木ヒルズの大屋根プラザにオールラインアップを展示する初のイベント「ASTON MARTIN Deserves to be driven(アストンマーティンは運転するに値する)」を開催した。

画像: 手前がDBSスーパーレッジェーラ、奥がDBX。

手前がDBSスーパーレッジェーラ、奥がDBX。

会場には、アストンマーティン初のSUVかつ最新モデルの「DBX」を筆頭に、DBS スーパーレッジェーラDB11ヴァンテージ ロードスターの4台がズラリと並ぶ。いずれもダークグレー メタリックという渋めのボディカラーのせいか佇まいは迫力を増している。

展示車両は、いずれもドアを開けて乗り込むこともできる。ギャラリーの人気をもっとも集めていたのは、やはり最新モデルであるDBX。アストンマーティンがSUVを作っていることを知らなかった人も、けっこういたようだ。ちなみに、日本でのDBXのデリバリーは間もなく始まる予定だ。

画像: 手前がDB11、奥がヴァンテージ ロードスター。

手前がDB11、奥がヴァンテージ ロードスター。

事前応募で申し込んだ人は、試乗も可能(試乗応募の受付は既に終了している)。また、アンケートに答えるとARカードがプレゼントされた。唯一無二のラグジュアリーと呼ばれるアストンマーティンと、そのパーソナライゼーションが作り上げるブランドの世界を具現化した展示に、多くのギャラリーはクルマを覗きこんだり、クルマと一緒に記念写真を撮ったりしていた。

画像: 会場のイメージ。

会場のイメージ。

「ASTON MARTIN Deserves to be driven」

開催日時:2020年11月20〜21日 11時〜20時
会場:六本木ヒルズ 大屋根プラザ
入場無料

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.