ヘルメットメーカーのSHOEIがMotoGPライダー アレックス・マルケス選手のレプリカモデルを2020年11月20日に公開しました。

記念すべきMotoGP参戦初年度のレプリカモデル

画像: SHOEI X-FourteenAM73

SHOEI X-FourteenAM73

アレックス・マルケス選手は、2020年シーズンにMotoGPクラス初参戦。偉大な兄マルク・マルケス選手と同じホンダのワークスチーム「レプソル・ホンダ・チーム」のライダーです。

ブルーのカラーが印象的なこのヘルメットは、MotoGP2020年シーズン仕様のレプリカモデル。ベースとなっているのは、兄マルク・マルケス選手も開発に携わった、SHOEIのレーシングフルフェイス「X-Fourteen」。

価格は税別76000円で、2021年2月発売予定となります。

画像: 記念すべきMotoGP参戦初年度のレプリカモデル

SHOEI X-Fourteen AM73

◆価格:76,000円(税抜)
◆規格:JIS規格、SNELL規格、MFJ公認
◆サイズ:XS(53~54cm)、S(55~56cm)、M(57~58cm)、L(59~60cm)、XL(61~62cm)、XXL(63~64cm)
◆カラー:TC-2(BLUE/WHITE)**マットカラー
◆構造:AIM+(Advanced Integrated Matrix Plus Multi-Fiber)強靱なガラス繊維と3次元形状とした有機繊維の複合積層構造を基に、高い弾性性能を持つ高性能有機繊維素材をプラス、軽量でありながらも剛性弾性に優れる高性能なシェル構造。
◆付属品:専用布袋、ブレスガード、チンカーテン、シリコンオイル、CWR-FPINLOCKR EVO lens、ロアエアスポイラー、シールド用ステッカー

まとめ:西野鉄兵

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.