ホンダは、FIMロードレース世界選手権で通算800勝達成を記念して、限定モデルのヘルメットを発表しました。800勝までの軌跡とこのヘルメットの概要をお伝えします。

ホンダが前人未到のFIMロードレース世界選手権で通算800勝を達成

ホンダが2020年10月25日にFIMロードレース世界選手権で通算800勝を達成したニュースをご存じですか?

同日に開催されたMoto3 第12戦テルエルグランプリで、「NSF250RW」を駆るハウメ・マシア選手(レオパード・レーシング)が優勝。この瞬間、ホンダは通算勝利数を前人未到の800勝を達成しました。

画像: 800勝目を達成したハウメ・マシア選手とNSF250RW

800勝目を達成したハウメ・マシア選手とNSF250RW

ホンダがレース活動を始めたのは1954年のこと。創業者の本田宗一郎氏が“世界一への夢の達成”を目指して、当時のロードレース世界選手権最高峰の「マン島TTレース」への出場を宣言。1959年に日本の二輪車メーカーとして初めて「マン島TTレース」に出場しました。

翌1960年からFIMロードレース世界選手権の125ccと250ccクラスに参戦を開始。1961年の第1戦スペイングランプリ125ccクラスでHonda RC143を駆るトム・フィリス選手(オーストラリア)が初勝利を飾りました。

画像: 初優勝した トム・フィリス選手とRC143

初優勝した トム・フィリス選手とRC143

その後、参戦クラスを50ccクラス(1962年)、350ccクラス(1962年)、500ccクラス(1966年)へと拡大し、1966年には全5クラス完全制覇を達成。1967年のワークス活動を最後に、通算138勝の記録を残して1968年から11年間は参戦を休止しました。

復帰したのは1979年のこと。3年後の1982年には第7戦ベルギーグランプリにてHonda NS500を駆るフレディ・スペンサー選手(アメリカ)が優勝し、Hondaは復帰後の初勝利を飾りました。

2001年には開幕戦の日本グランプリ500ccクラスで、Honda NSR500を駆るバレンティーノ・ロッシ選手(イタリア)が優勝して通算500勝を達成。また、2015年には第10戦インディアナポリスグランプリ MotoGPクラスで、RC213Vを駆るマルク・マルケス選手(スペイン)が優勝して700勝を達成しています。

そしてこの秋、通算800勝を達成しました。

画像: ホンダが前人未到のFIMロードレース世界選手権で通算800勝を達成

ホンダ「Arai RX-7X REPSOL」ヘルメット情報

画像: Honda Arai RX-7X REPSOL サイズ:S(55-56cm)、M(57-58cm)、L(59-60cm)、XL(61-62cm) シリアルナンバー入り、専用外箱付き 税別価格:70,000円

Honda Arai RX-7X REPSOL

サイズ:S(55-56cm)、M(57-58cm)、L(59-60cm)、XL(61-62cm)
シリアルナンバー入り、専用外箱付き
税別価格:70,000円

今回発表されたヘルメットは、日本規格商品800個限定の記念モデルとなっています。

ベースとなるのは、アライヘルメットのフラッグシップモデル「RX-7X」。ホンダのMotoGPワークスチーム「レプソル・ホンダ・チーム」の参戦車両RC213Vに合わせたグラフィック。

画像: レプソル・ホンダ・チームのRC213V

レプソル・ホンダ・チームのRC213V

側面にはワンポイントで「RC213V」のロゴがあしらわれ、背面にはリミテッドエディション(限定モデル)であることがしっかりと記されています。

販売場所は、ホンダの二輪車正規取扱店や二輪用品販売店で、2021年3月中旬頃から発売される予定です。

画像: ホンダ「Arai RX-7X REPSOL」ヘルメット情報

まとめ:西野鉄兵

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.