11月27日公開の白濱亜嵐×平祐奈ダブル主演の映画『10万分の1』の大ヒット祈願が東京大神宮にて11月19日開催された。

120万部突破の大ヒット漫画・宮坂香帆の最新作『10万分1』(小学館 フラワーコミックス刊)が原作となる本作。
白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS)と平祐奈がダブル主演を務める本作は、本当に大切なものは何かが見え始めたこの時代に、人と人のつながりの素晴らしさを描き、難病・ALSに立ち向かう、どんな逆境にも立ち向かう力をくれる感動ラブストーリーだ。

本殿にて三木康一郎監督とともにヒットを祈願のご祈祷

画像1: 本殿にて三木康一郎監督とともにヒットを祈願のご祈祷
画像2: 本殿にて三木康一郎監督とともにヒットを祈願のご祈祷
画像3: 本殿にて三木康一郎監督とともにヒットを祈願のご祈祷

この日、ヒット祈願に、トークイベントでは、11月19日が“良い一句の日”ということにちなみ、キャスト4人が今の想いを込めた一句を披露した。

冒頭の挨拶

白濱亜嵐「まず映画 が公開されることと、沢山の方に見てもらいたいという想いをお祈りしてきました。祈祷の場も久々だったので(玉串を)上手くできるのかなって(笑)」と 話し、平は「こういうご時勢なのでどうなるかは分からないこともありますが、多くの方に見てもらえたらという思いをみんなでお祈りしてきました」

撮影現場の雰囲気

4人が集まるとボケ役・いじられ役になるという白濱亜嵐

白濱亜嵐「27 年間このキャラクターでやってきたつもりなんです(笑)でも僕 の中での 1 番は優希さんだと思っています。おかず食べずに白米だけ食べていたりして。あとイノシシが好きなんですよね」

優希美青「そんなことないと言いたいけど、そんなことありました(笑)。男性陣 2 人が年上だったのでお会いする前は 不安だったんですが、同い年かと思うほど精神年齢が近かったので(現場ではやりすかったです)!」

白洲迅「精神年齢...」

白濱亜嵐「男はそんなもんだよね(笑)ドーンと構えて」

平は「一緒に歯磨きしたり、家にいるような感覚で話していたんですよ」

白濱亜嵐「全員が常にフラットな感じで。いい意味で 4 人全員黙ってても大丈夫だよね」
白洲迅「4 人一緒のシーンはずっと一緒にい たよね」

優希美青「本当の親友が辛い思いをしているところを目の当たりすると、涙が止まらなくなっちゃうときがあって、千紘にならなきゃという時がありました」

白洲迅「比名瀬の恋人・千紘にとっての親友で ある莉乃、比名瀬の親友である蓮の恋人の莉乃でもあったので、ちょっと引いた目線でみんなを見守る役柄だったので、俯瞰した形で4人の雰囲気を作れたと思います」

平祐奈「誠実で16歳なのにこんなに人間力の高い男の子いるんだなと思いました。悪いところがないくらいで、 そういうところに莉乃は惹かれるんだと思います。」

白濱亜嵐「思ったことをちゃんと発するところや、まっすぐなところが好きです。あと、奥田さん演じるおじい さんとの関係性がぐっとくるなと。まじで号泣できます!」

映画の公開に向けて川柳で映画をアピール

画像1: 映画の公開に向けて川柳で映画をアピール

劇中に川柳を読むシーンがあるのと、イベントが行われた11月19日“良い一句の日”にちなんで

平祐奈「“見るときは ティッシュ必ず 忘れずに” この映画は涙が必須で、皆さんのお涙頂戴ということで、涙を拭くためにも必ずご持参ください!」

画像2: 映画の公開に向けて川柳で映画をアピール

優希美青「すごいかもしれない!“ティッシュより タオルが 欲しい この映画” ティッシュじゃ顔についちゃうのでタオルの方がいいですよ!」

白濱亜嵐「後になる方が嫌だな、、TikiTok の向こう側から歓声が聞こえたらいいな(笑)」

画像3: 映画の公開に向けて川柳で映画をアピール

白洲迅「“タオルより バスタオルかな この映画” もうタオルじゃ足りないです。バスタオルをご持参ください!」

画像4: 映画の公開に向けて川柳で映画をアピール

MCーーバスタオルを超えるものはないですよね?

白濱亜嵐(字数を慎重に数えてから)「“あれれれれ お目目が蛇口 まじぴえん”」

画像5: 映画の公開に向けて川柳で映画をアピール

最後にメッセージ

平祐奈「映画館に行くのも不安だったりすると思うんですけど、キュンキュンするシーン、感動するシーンもあるので、色んな感情をあふれ出しても らって心から温まってもらいたいです」

白濱亜嵐「僕自身、俳優として演じていくことを、どういう状況になっても続けていきたいと思っています。蓮が莉 乃を大切にしていたように、皆さんにも、大切な人が誰かということを、この映画を見て考えてもらうきっかけになれたらと思います」

STORY

告白して気まずくなるくらいなら友達のままでいい。学校中の女子はもちろん、男子からも憧れの存在である桐谷蓮(白濱亜嵐)に想いを寄せる桜木莉乃(平祐奈)は、そう思っていた。ところがある日、蓮の方から打ち明けられ、誰もがうらやむ両想いの日々が始まる。2人で過ごす時間が何よりも大切なものに変わる頃、「10万分の1」の確率でしか起こらない、ある運命が降りかかる―—

映画『10万分の1』

2020年11月27日(金)全国ロードショー

■出演:白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE) 平祐奈 優希美青 白洲迅 /奥田瑛二

■原作:宮坂香帆『10万分の1』(小学館 フラワーコミックス刊)
■監督:三木康一郎
■脚本:中川千英子
■配給:ポニーキャニオン 関西テレビ放送
©宮坂香帆・小学館/2020映画「10万分の1」製作委員会
■公式サイト:100000-1.com

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.