ルノー・ジャポンは、11月19日より200台限定のカングー ペイザージュの販売を開始。フランスの高級リゾート地サントロペの青い空と海をイメージしたブルーのボディカラーが特長だ。

仏リゾート地の景色を味わえる専用ボディカラー

「遊びの空間」(ルドスパス)と呼ばれる広々とした室内空間で、欧州を始め日本でも人気のルノーカングー。アイデア満載の限定モデルでも注目を集めている。

今回の限定モデルのセールスポイントは、爽やかなブルーの専用ボディカラー。ブルー ドラジェと呼ばれる色で、フランスの著名なリゾート地であるサントロペの青く澄み切った空と海をイメージしたものだという。フランス語で景色を意味するペイザージュとネーミングされたのも肯ける。ベースグレードはカングー ゼン EDC(6AT)。

画像: フランスの高級リゾート地サントロペの空と海の青をイメージした専用ボディカラーを採用。

フランスの高級リゾート地サントロペの空と海の青をイメージした専用ボディカラーを採用。

ちなみに専用ボディカラーのブルー ドラジェは、2019年の限定モデルで採用され好評を博したことから、改めてペイザージュとして復刻したという。

ボディカラー以外の専用アイテムは、ボディ同色フロントグリルブレード、ブラックフロントバンパー、ブラックリアバンパー、ブラックドアミラーとなる。販売台数は限定200台で価格(税込)は264万7000円。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.