2020年11月19日、レクサスはフラッグシップ セダンのLSを改良して発売すると発表した。

最新の高度運転支援技術搭載車は、2021年に発売予定

LSはレクサスのフラッグシップ セダンだ。1989年に発表された初代は、日本では「トヨタ セルシオ」としてデビュー。2006年に発表された4代目から、日本でもレクサス LSとなり、現行型は2017年に発表された5代目にあたる。

画像: LS500h バージョンL(ボディカラーは銀影ラスター)。

LS500h バージョンL(ボディカラーは銀影ラスター)。

今回の改良では、LSのDNAである静粛性と乗り心地のたゆまぬ進化を追求し、パワートレーンやサスペンションからシートの縫い位置など、細部に至るまで徹底的な作り込みを実施している。

エクステリアでは、フロントバンパーコーナー部に縦基調のキャラクターラインを配して、オーバーハングが短く見えるデザインとしている。また、フロントバンパー下端のメッキモールはサイドまで回りこませている。新デザインの小型3眼ランプユニットとL字クリアランスランプの下に、ブレードスキャンAHS(アダプティブ ハイビーム システム)を搭載したヘッドランプは厚みのある形状とした。サブラジエターグリルはスクエア形状で外側に配し、スピンドルグリルのメッシュカラーはダークメタリックに、リアコンビランプ内のメッキモールはピアノブラックに変更された。

Fスポーツではサブラジエターグリルのガーニッシュをサイドまで回り込ませ、専用色のスピンドルグリルや20インチホイールなどを採用して、スポーティに差別化されている。

ボディカラーには、新色の「銀影(ぎんえい)ラスター」を開発。これは、光輝材(アルミフレーク)を含んだ塗料の体積を凝縮させる「ソニック工法」を応用して、蒸着アルミを高密度で敷き詰める最新の塗装技術から生まれた、特別なシルバーだ。

画像: LS500h エグゼクティブ(オプション装着車)。インテリアカラーはオーカー。

LS500h エグゼクティブ(オプション装着車)。インテリアカラーはオーカー。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.