マクラーレンのスーパーシリーズに限定モデルとして登場した「765LT(セブン シックス ファイブ エルティーと呼ぶ)」が、日本初公開された。そのディテールを写真で紹介しよう。

1200kgあまりに軽量化された車体に765psのツインターボを搭載

マクラーレンのモデルで「LT=ロングテール」の名を与えられるモデルは、徹底した軽量化と空力性能を重視している。この765LTは720Sをベースに、フロントを48mm/リアを9mm伸ばして全長は57mm長くなっている。

シャシやボディパネルはカーボンファイバー製、エキゾーストシステムはチタン製、軽量デュアルサスペンションやポリカーボネート素材などもを採用し、最軽量のオプション装着車の乾燥重量は1229kgに抑えられている。大型化されたフロントスプリッターやリアのアクティブウイング、そしてリアディフューザーなどにより、空力性能は720Sより25%も増大している。

パワーユニットは、720Sと同じ4LのV8 DOHCツインターボだが最高出力は車名のとおり765psに、最大トルクは800Nmにアップされている。トランスミッションはレスポンスを向上させた7速DCTで、最高速度は330km/h、0→100km/h加速は2.8秒というパフォーマンスを発揮する。

インテリアは徹底した軽量化で、エアコンやオーディオは追加費用なしのオプションとなっている。カーボンファイバー製のコクピットは軽量アルカンターラで覆われ、標準装備のカーボンファイバー製シェル型レーシングシートは、720Sのものより合計で18kgも軽い。

765LTは車名と同じ765台の世界限定販売で、2020年生産分の割り当ては既に完売している。2021年分も限定台数を大幅に超える関心が寄せられているという。ちなみに日本仕様の車両価格(税込み)は、4450万円からとなっている。

マクラーレン 765LT 主要諸元

●全長×全幅×全高:4600×1930×1193mm
●ホイールベース:2670mm
●重量:1339kg(液体+90%の燃料)
●エンジン種類:90度V8 DOHCツインターボ
●排気量:3994cc
●最高出力:765ps/7500rpm
●最大トルク:800Nm/5500rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:縦置きミッドシップRWD
●タイヤサイズ:前245/35R19、後305/30R20
●車両価格(税込み):4450万円〜

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.