モーターマガジンMovie(チャンネル登録者数13万8000人超)で長年に渡って試乗レポートを務めるモータージャーナリストの竹岡 圭さん。このコーナーでは、その中から人気の動画を逐次紹介していきます。今回は、ボルボV60のハイパフォーマンス限定モデルの登場です。(2019年11月限定販売)
画像: 【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー 「ボルボ V60 T8 ポールスターエンジニアード」(2020年11月放映)

環境性能と飛びぬけたスポーツ性能が高次元で合体

袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで行われた台数限定車ボルボV6 T8 ポールスターエンジニアードの試乗会。水を得た魚のように、嬉々としてサーキットを周回する竹岡圭さんが印象的です。

フロントを2L直4ターボ+スーパーチャージャー(333ps/430Nm)のエンジンで、リアをモーター(87ps/240Nm)で駆動し、システム最高出力がポールスターの専用チューニングにより約420ps。その圧倒的なパワーと、同じく専用チューニングされたスポーティでしなやかな足回りが、彼女の心に火を付けたようです。

高い環境性能を持つプラグインハイブリッドながら、極上のスポーティさも併せ持つボルボV6 T8 ポールスターエンジニアード。すでに完売ですが、これまでにない新たなコンセプトのクルマと言えそうです。

画像1: 環境性能と飛びぬけたスポーツ性能が高次元で合体
画像2: 環境性能と飛びぬけたスポーツ性能が高次元で合体
画像3: 環境性能と飛びぬけたスポーツ性能が高次元で合体
画像4: 環境性能と飛びぬけたスポーツ性能が高次元で合体
画像: ゴールドに彩られたシートベルト。特別感が漂います。

ゴールドに彩られたシートベルト。特別感が漂います。

画像: 竹岡圭の今日もクルマと【ボルボ V60 T8 ポールスターエンジニアード】オーリンズ社製足回りを採用した快速ステーションワゴンに試乗 youtu.be

竹岡圭の今日もクルマと【ボルボ V60 T8 ポールスターエンジニアード】オーリンズ社製足回りを採用した快速ステーションワゴンに試乗

youtu.be

■ボルボ V60 T8 ポールスターエンジニアード主要諸元

●全長×全幅×全高=4760×1850×1435mm
●ホイールベース=2870mm
●車両重量=2050kg
●エンジン= 直6DOHCターボ&スーパーチャージャー
●総排気量=1968cc
●最高出力=333ps/6000rpm
●最大トルク=430Nm/4500rpm
●モーター最高出力=87ps
●モーター最大トルク=240Nm
●駆動方式=4WD
●トランスミッション=8速AT
●車両価格(税込)=919万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.