スバルは2020年11月18日、北米市場で次期型となるSUBARU BRZの概要を発表。初代BRZと同様にトヨタ自動車と共同開発されたというが、フルモデルチェンジによってどのようなモデルに進化したのか。

従来モデルのプラットフォームをリファインして走行性能アップ

低重心な水平対向エンジンは高回転型の自然吸気とし、6速MTと後輪駆動の組み合わせ、またコンパクトで軽量なスポーツクーペと、クルマ好きならずともワクワクするような文言をいくつも提げて2012年に登場したスバル BRZ。共同開発したトヨタの兄弟車種、86とともに比較的安価に設定されていることもあって多くのファンを生み出したモデルで、スーパーGTのGT300をはじめとするモータースポーツで登場から8年経過した今も活躍している。

そして2020年11月18日、米国で次期BRZのスタイリングと概要が公開された。従来型と同様に、新型もトヨタとの共同開発されたモデルであり、北米市場での発売は2021年秋を予定されている。

スバルは現在グローバルプラットフォーム(SGP)による新型車開発を行ない、インプレッサからフォレスター、新型レヴォーグまで幅広く採用されている。しかし、今回のBRZはSGPではなく、従来のプラットフォームをベースに、新技術を投入することによって、これまでも好評だったピュアスポーツカーならではの走りの愉しさを強調するという。

インナーフレーム構造や構造用接着剤などを採用、ボディを再構築することでフロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%と大幅に向上させてきた。ハンドリングの応答性向上や、より軽快なフットワーク、旋回時のトラクション性能確保を実現する。

従来のプラットフォームをベースにしていることもあって、ボディサイズはほとんど変わっていない。北米仕様での数値となるが、全長約4265mm/全幅1775mm/全高1311mm/ホイールベース約2576mm(いずれもインチをmmに変換)と、全長で25mm延長されているくらいだ。(現行モデルは同4240mm/1775mm/1320mm/2570mm・日本仕様)

ボディシルエットは継承されているように見えるが、フロントバンパーは前方へ伸ばすように低く、その先に配置されているヘキサゴングリルも幅広に開口されることで、より低重心な印象を与えられている。また、フロントタイヤの後ろのエアアウトレットやダックテール形状のトランクリッドなど、アグレッシブさも強調されている。

画像: 次期BRZのフロントタイヤ後方に設けられたエアアウトレットやトランクリッドのスポイラーなどにより、空力性能の向上とともに視覚的なアグレッシブさも強調されている。

次期BRZのフロントタイヤ後方に設けられたエアアウトレットやトランクリッドのスポイラーなどにより、空力性能の向上とともに視覚的なアグレッシブさも強調されている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.