2020年11月16日、BMW(ビー・エム・ダブリュー)はコンパクトハッチバックの1シリーズに台数限定車「118d ピュアブラック(BMW 118d Pure Black)」を設定し、オンライン限定で発売した。車両価格は 502万6000円となる。

1シリーズの内外装に黒の装備を採用した10台限定の特別仕様

2019年8月にフルモデルチェンジしたコンパクトハッチバックのBMW 1シリーズは、FFのながら前後オーバーハングを短く、またリアエンドをより低重心に見せるデザインとするなど、BMWらしいスポーツ性を体現したモデルである。また、より反応速度の早いリミテッドスリップデフ(ARB)やDSCなどの採用により、俊敏な動きにも対応するコントローラブルさも併せ持つ。

この1シリーズの特別仕様車「118d ピュアブラック」が10台限定で発売された。販売はBMW公式のオンラインストアのみで行われ、納車は2020年12月からを予定しているという。

名称のとおり118dと同様2L直4ディーゼルターボエンジン(150ps/350Nm)を搭載し、8速ATを組み合わせたFFモデルをベースとし、「漆黒」をテーマとした内外装を取り入れている。ボディカラーはブラックサファイアの1色限定で、フロントのキドニーグリルやテールパイプをブラックに、また通常はオプション扱いとなっているブラック塗装の18インチのVスポークホイール(225/40R18タイヤ)を装着している。

この他にも、運転席メモリー機能付の電動フロントシートや前席シートヒーターなどを含むハイラインパッケージ、アダプティブクルーズコントロール、10.25インチ画面のディスプレイ&HDDカーナビシステムなどを採用した豪華仕様となる。車両価格は502万6000円で、右ハンドル仕様の設定だ。

画像: 黒(ブラックサファイア)のボディカラーのみとなる118d ピュアブラック。テールパイプや18インチホイールも黒となる。

黒(ブラックサファイア)のボディカラーのみとなる118d ピュアブラック。テールパイプや18インチホイールも黒となる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.