相次ぐスーパースポーツが登場し、スポーツ一辺倒な進化が続いた80年代。HY戦争を勝ち抜いたホンダもただ手をこまねいて見ているだけではなかった。「ここまでやるのか、新しいNSRは…」。レーサーレプリカブームはいよいよ先鋭化という、出口なき局面へ突入していく。

文:中村浩史/写真:長野浩之、松川 忍
※この記事は月刊オートバイ2011年8月号別冊付録を加筆、修正、写真変更などの再編集を施しており、一部に当時の記述をそのまま生かしてある部分があります。

ホンダ「NSR 250R」誕生の歴史

レプリカの枠を超えた。ワークスNSR「そのもの」=MC16

RZのヤマハ、Γのスズキに対し、販売面でこそ4ストVTで引けをとっていなかったものの、2スト人気モデルで遅れを取ったホンダは、MVXが完全に空振り。水冷V型3気筒は思ったような完成度に達せず、VTやVF400Fとほぼ同じイメージの車体デザインも裏目に出て、再びニューモデル開発の必要に迫られることになっていく。

次なる一手は、市販レーサーRSと同時開発され、84年に同時デビューを果たしたNS250だった。RSとクランクケースやシリンダー、さらにメインフレームや前後サスペンションを共有。市販公道モデル用にリファインしただけのすさまじいスペックのNS登場で、風向きがホンダに傾きかけたと思われたものの、今度はヤマハがTZR250を発売。RS=NSよりも、TZ=TZR、その上、GP500マシンのYZR500レプリカぶりに人気が集中し、またもホンダ2ストの人気回復はならなかった。

画像1: ホンダ「NSR 250R」誕生の歴史

RSレプリカで叶わなかった2ストスポーツ覇権奪取。残されたホンダの一手は、市販レーサーではなくワークスレーサーのレプリカを作ること。85年の世界GPでフレディ・スペンサーが500㏄とともに250㏄タイトルを獲得したマシンRS250RWが極秘裏に日本に持ち込まれ、次世代マシン開発がスタート。それは、次年度のワークスマシンのためではなく、量産型市販車NSR250Rのためだった。

MVX、NSに続く3度目の正直。まさに、満を持して登場したNSRは、何から何までそれまでのホンダとは違っていた。まさに「ここまでやるか」的レーサーレプリカ。「模倣」を意味するレプリカという表現が正しくなければ、レーサーの公道市販バージョンだ。

ベースとなったのは2年前に発売されたばかりのNS250ではなく、世界タイトルをもたらしたワークスレーサーRS250RW。まったくのブランニューとして開発されたNSRはフレームもサスペンションも、もちろんエンジンも、全てがNSとは違うモデルに仕上がっていた。エンジンはボアストロークや搭載角、吸入・排気方式まで一新し、フレームもNSとは明らかに違うツインチューブ形状に進化。スタイリングも、ベースとなったレーサーNSR、さらにNSR500とウリふたつ。ファンはこの過激さをホンダに求めていたのだ。

画像2: ホンダ「NSR 250R」誕生の歴史

「NSR250R(MC16)」主なスペックと発売当時の価格

●エンジン形式:水冷2スト・クランクケースリードバルブV型2気筒
●内径×行程(総排気量):54.0×54.5㎜(249cc)
●最高出力:45PS/9500rpm
●最大トルク:3.6kg-m/8500rpm
●ミッション:6速リターン
●ブレーキ形式前・後:ダブルディスク・ディスク
●全長×全幅×全高:2035×705×1105㎜
●タイヤ前・後:100/80-17・130/70-18
●燃料タンク容量:16ℓ
●ホイールベース:1360㎜
●乾燥重量:125kg
●発売当時価格:55万9000円
※諸元は86年10月発売のMC16

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.