2020年11月19日、ホンダは軽乗用車の新型N-ONEを11月20日から発売すると発表した。

ターボエンジンと6速MTを組み合わせた「RS」もラインアップ

画像: 全高は従来型より下げられて、立体駐車場が利用可能なサイズとなった。それ以外の外寸はホイールベースも含めて変わらない。

全高は従来型より下げられて、立体駐車場が利用可能なサイズとなった。それ以外の外寸はホイールベースも含めて変わらない。

N-ONEは、ホンダのNシリーズに属する軽乗用車だ。スタイリングは1960年代に人気を集めた、ホンダ乗用車の原点であるN360をモチーフにしている。現行型が初代として2012年に発売された。

新型N-ONEは、初代N-ONEとボディパネルを共用している。「丸・四角・台形」を基本のかたちと定めて好評のタイムレスなデザインはそのままに、バンパーやグリル、ヘッドランプやリアコンビランプなどのデザインを変更。前進する勢いや安定感も感じさせる、踏ん張り感のあるスタイルとなっている。

インテリアでは、インパネを大胆に削ぎ落としながら、メーターの端から助手席の端まで伸ばしたデザインとなった。異形2眼コンビネーションメーターと、ステアリング周辺にはさまざまなスイッチを配して、情報を取得しやすく、かつ操作しやすいコクピットとしている。フロントシートはセパレートタイプとし、シートの間にはコンソールボックスもレイアウトされている。

画像: 水平方向の広がりを感じさせる、オリジナルのインテリア。インパネの形状を刷新し、助手席前の足元スペースを拡大している。

水平方向の広がりを感じさせる、オリジナルのインテリア。インパネの形状を刷新し、助手席前の足元スペースを拡大している。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.