「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前の国産車は環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は「スバル インプレッサWRX STI Aライン」だ。

スバル インプレッサWRX STI Aライン(2009年)

画像: ボディサイズや外観は、2Lターボ+6速MTのWRX STIと変わらない、適度にコンパクトなサイズもいい。

ボディサイズや外観は、2Lターボ+6速MTのWRX STIと変わらない、適度にコンパクトなサイズもいい。

これまで「STI」というとWRCの直系モデルといったキャラクターだっただけに、外観はブリスターフェンダーで迫力満点。エンジンは高回転&高出力タイプで、ミッションもMTのみ。現行モデルでは少しマイルドになったとはいえ、サスペンションは走りに割り切ったハードなものだった。それがスバリストにはたまらないインパクトを与えていたが、マニアではない人はちょっと引いてしまった。そこで、幅広い層のニーズに応えるべく、魅力をたっぷり身につけて登場したのが今回のAラインだ。

迫力ある外観はそのままに、インプレッサSTIシリーズとしては初の5速ATを採用。エンジンは、300psと35.7kgmを発生する2.5Lターボを搭載する。2.5Lターボは国内でもレガシィアウトバックに採用されていたが、STIにふさわしく本体の一部強化や吸排気系など、専用チューニングが施されている。

ガングリップタイプのシフトレバーをDレンジに入れてアクセルを踏み込むと、タコメーターの針が瞬時に跳ね上がり、背中をググっと前に押し出してくれる。前45:後55のトルク配分によるスバル独自の4WDシステムによって、滑りはまったく感じられない。2000rpmあたりからでもしっかりとした加速が感じられ、そのまま6500rpmで直線的に速度を伸ばしてくれる。

画像: レガシィアウトバックなどに採用されている2.5Lターボエンジンを、Aライン専用にチューニングして搭載。2500rpmで最大トルクの95%を発生する。

レガシィアウトバックなどに採用されている2.5Lターボエンジンを、Aライン専用にチューニングして搭載。2500rpmで最大トルクの95%を発生する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.