自慢のカスタムミニで富士スピードウェイを満喫しよう!

画像: 自慢のカスタムミニで富士スピードウェイを満喫しよう!

皆様のおかげで今年も開催させていただいておりますMAX ZONE miniですが、なんと次回が今年の最終戦となります!開催日は11月20日(金)です。ただいまエントリー受付中ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

いよいよ2020年度開催もこれでラスト。4ミニで富士スピードウェイの国際レーシングコースを走れる最後の機会です!皆様、奮ってのご参加を心よりお待ちしております。

エントリー締め切りは11月14日(土)です。お申し込みはお早めにどうぞ!

なお、最終戦も、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、以下のことを必須とさせていただきます。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

●走行時以外、会場内ではマスク、またはフェイスシールドを着用すること

●前日までに検温を済ませ、必要事項に記入した「健康調査票」を当日受付に必ず提出すること

皆様が安心して走行を楽しめるよう、上記ルールの遵守をお願いいたします。なお、マスク着用をお守りいただけない方、「健康調査票」をご記入、ご持参されていない方は、当日受付できませんのでご注意ください。

排気量・改造に合わせた全7クラス制を採用!お申込はFAXかメールで!

画像: 排気量・改造に合わせた全7クラス制を採用!お申込はFAXかメールで!

MAX ZONE miniの舞台は、富士スピードウェイの国際レーシングコース。WECやGT選手権が開催される日本有数のコースで、普段は125cc以下のマシンはなかなか走れませんが、そこを思い切り堪能できちゃうのです!

参加資格はシンプルで、原付2種までのマシンをベースとした車両と、サーキットを走るための装具、サーキットの走行経験がある人(当該免許保持者)ならOK。排気量やカスタムの内容に合わせた、全7クラスを設定しているのでレーサーやカスタム車、スクーターでも出走可能です。

クラスは以下の全7クラスを設定しています。

●4miniA/Bクラス
A:排気量100cc未満
B:排気量100cc~150cc
●2ストロークA/Bクラス
A:排気量80ccまでの公道向け2ストエンジン
B:レーサー/モトクロッサー用エンジン、排気量81~150ccまでの2ストエンジン
●スクータークラス
改造無制限
●オープンクラス
排気量151cc以上、改造無制限
●JP250クラス
MFJのJP250規定に準拠した、2気筒・250cc未満の市販スポーツ車

エントリー方法は簡単。まずは自分のマシンが全7クラスのうち、どのクラスに該当するかを確認し、下記のリンクからエントリー用紙をダウンロード。「車両仕様書」の必要事項に記入の上、仕様書にあるFAX番号、またはメールアドレスに期限までに送付すればエントリーは完了です。記入した仕様書を撮影して、画像をメールで送る方法でもOKです!(その際は、車両仕様書が全部映っている画像にてお願いいたします)

エントリー用紙はこちらからダウンロードをお願いいたします

エントリー締め切りは11月14日(土)。奮ってご参加お願いします!

画像: エントリー締め切りは11月14日(土)。奮ってご参加お願いします!

エントリー締め切りは11月14日(土)、エントリーフィーは1台5000円。保険料はライダー1人あたり900円、富士のゲート入場料は1000円となっています。

※保険料が1人900円になっています。ご注意ください!

新型コロナウイルス感染拡大防止に努めながら、安心、安全にMAX ZONE miniを楽しんでいただけるよう、皆様のご協力をお願いいたします。

自慢の愛車で、富士の広~いコースを思いっきり楽しめる、今季最後のチャンス!エントリーはまだ間に合います!ぜひとも奮ってご参加を!! スタッフ一同、エントリーをお待ちいたしております!

(写真:島村栄二)

会場の「富士スピードウェイ」はコチラ!

12月6日にはミニろく最終戦も開催!こちらも要チェックです!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.