ホンダの新型CBR250RRとカワサキのNinja ZX-25Rのスタイリングを比較! ともにスーパースポーツらしい、エッジの効いたフォルムが特徴だが、それぞれの個性もしっかり主張されている。

ホンダ「CBR250RR」スタイリング解説

画像: Honda CBR250RR 総排気量:249cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 最高出力:30kW(41PS)/13000rpm 最大トルク:25N・m(2.5kgf・m)/11000rpm シート高:790mm 車両重量:168kg 発売日:2020年9月18日 メーカー希望小売価格(税込):82万1700円/グランプリレッド(ストライプ)は85万4700円

Honda CBR250RR

総排気量:249cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
最高出力:30kW(41PS)/13000rpm
最大トルク:25N・m(2.5kgf・m)/11000rpm
シート高:790mm
車両重量:168kg

発売日:2020年9月18日
メーカー希望小売価格(税込):82万1700円/グランプリレッド(ストライプ)は85万4700円

ボディ全体

画像: 独創的なデザインのスタイリングは継続するが、デビュー以来斬新さに変わりはない。ボディカラーは全4色をラインアップ。 撮影車のマットブラックは新デザインのグラフィックを採用。車体色がホワイトの場合はフレームがレッド仕上げとなる。

独創的なデザインのスタイリングは継続するが、デビュー以来斬新さに変わりはない。ボディカラーは全4色をラインアップ。 

撮影車のマットブラックは新デザインのグラフィックを採用。車体色がホワイトの場合はフレームがレッド仕上げとなる。

画像: シャープな形状のリア周りも継続。ホイールをつや消しブラックからゴールドとすることで、印象も華やかで上質なものになった。

シャープな形状のリア周りも継続。ホイールをつや消しブラックからゴールドとすることで、印象も華やかで上質なものになった。

フェイスデザイン

画像: デビューから4年を迎えるが、いまだに強烈な印象のマスクは健在。ヘッドライト、ポジションランプ、ウインカーはすべてLEDだ。

デビューから4年を迎えるが、いまだに強烈な印象のマスクは健在。ヘッドライト、ポジションランプ、ウインカーはすべてLEDだ。

メーター

画像: メーター形状はユニーク。外側にバーグラフ式のタコメーターをレイアウト、中央には速度計、右にはシフトインジケーターを備える。

メーター形状はユニーク。外側にバーグラフ式のタコメーターをレイアウト、中央には速度計、右にはシフトインジケーターを備える。

テール周り

画像: 尖ったテールカウルデザイン。ウインカー、テールランプはLED、左に見えるのはタンデムグリップ代わりに使えるダミーダクト。

尖ったテールカウルデザイン。ウインカー、テールランプはLED、左に見えるのはタンデムグリップ代わりに使えるダミーダクト。

ハンドル

画像: 【実測】幅45.5cm

【実測】幅45.5cm

【実測】高さ83cm

※ハンドル幅はグリップの内側左右の長さ、ハンドル高はバーエンドから地上までの距離を示しています。

ハンドルは低くセットされ、幅はクラスでも狭め。垂れ角もきつめの設定だ。ハンドルの切れ角自体は想像する以上に大きめ。

カワサキ「Ninja ZX-25R」スタイリング解説

画像: Kawasaki Ninja ZX-25R SE KRT EDITION 総排気量:249cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 最高出力:33kW(45PS)/15500rpm ラムエア加圧時:34kW(46PS)/15500rpm 最大トルク:21N・m(2.1kgf・m)/13000rpm シート高:785mm 車両重量:184kg 発売日:2020年9月10日 メーカー希望小売価格(税込):91万3000円

Kawasaki Ninja ZX-25R SE KRT EDITION

総排気量:249cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
最高出力:33kW(45PS)/15500rpm ラムエア加圧時:34kW(46PS)/15500rpm
最大トルク:21N・m(2.1kgf・m)/13000rpm
シート高:785mm
車両重量:184kg

発売日:2020年9月10日
メーカー希望小売価格(税込):91万3000円

ボディ全体

画像: カワサキ自慢のスーパースポーツらしい、アグレッシブな「Ninjaスタイリング」。撮影車はスーパーバイク世界選手権を戦うワークスマシンのカラーを模したKRTカラーだ。 張り出したサイドカウルの下部に設けられた左右のエアダクトは、エンジンの冷却性能を高めるために設けられたもの。

カワサキ自慢のスーパースポーツらしい、アグレッシブな「Ninjaスタイリング」。撮影車はスーパーバイク世界選手権を戦うワークスマシンのカラーを模したKRTカラーだ。

張り出したサイドカウルの下部に設けられた左右のエアダクトは、エンジンの冷却性能を高めるために設けられたもの。

画像: カワサキのスーパースポーツのデザイントレンドをしっかり踏襲。大きなサイレンサーのサブチャンバーが見て取れる。

カワサキのスーパースポーツのデザイントレンドをしっかり踏襲。大きなサイレンサーのサブチャンバーが見て取れる。

フェイスデザイン

画像: センターラムエアダクトを備えたマスクは、スーパースポーツ・ZXシリーズ共通のデザイン。SEのスクリーンはスモークタイプ。

センターラムエアダクトを備えたマスクは、スーパースポーツ・ZXシリーズ共通のデザイン。SEのスクリーンはスモークタイプ。

メーター

画像: ZX-25Rは液晶モニター下部にパワーモードとKTRCのモードを表示するが、それ以外の基本デザインはニンジャ250などと同系統。

ZX-25Rは液晶モニター下部にパワーモードとKTRCのモードを表示するが、それ以外の基本デザインはニンジャ250などと同系統。

テール周り

画像: 独特な形状のテールランプは兄貴分のZX-6RやZX-10Rと同タイプ。ウインカーはオーソドックスな電球タイプとなっている。

独特な形状のテールランプは兄貴分のZX-6RやZX-10Rと同タイプ。ウインカーはオーソドックスな電球タイプとなっている。

ハンドル

画像: 【実測】幅46.8mm

【実測】幅46.8mm

【実測】高さ85cm

※ハンドル幅はグリップの内側左右の長さ、ハンドル高はバーエンドから地上までの距離を示しています。

ハンドル幅はやや広めで、少し開いたレイアウト。垂れ角は少なく、高さもそれなりにあるので、ツーリングでも苦にならなそうだ。切れ角は左右35度。

文:オートバイ編集部、太田安治/写真:南 孝幸、森 浩輔

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.