ライカカメラ社は、ライカQシリーズの新機種「ライカQ2モノクローム」を2020年11月19日にライカストア、ライカブティック、ライカオンラインストアおよびライカ正規特約店で発売する。モノクロ撮影専用の35mmフルサイズセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラで、価格(税別)は74万円。
画像1: ライカは「ライカ Q2 モノクローム」を2020年11月19日に発売。価格は税別74万円。

「ライカQ2モノクローム」は、新開発のモノクロ撮影専用の35mmフルサイズセンサー(有効4730万画素)を採用。最高ISO感度100000相当の撮影にも対応する。

画像2: ライカは「ライカ Q2 モノクローム」を2020年11月19日に発売。価格は税別74万円。

大口径単焦点レンズ「ライカ ズミルックス f1.7/28mm ASPH.」を搭載。MF、AFの選択が可能で、最短撮影距離は17cmのマクロ撮影にも対応。「ライカQ2」譲りの高速・高精度のAFシステム、有機EL電子ビューファインダーなどの機能と性能を持つ。

デフォルトの28mmレンズの画角以外にも、クロッピング機能を使えば35mm(3000万画素)、50mm(1470万画素)、75mm(660万画素)の各レンズ相当の画角に拡大して撮影が可能。

画像3: ライカは「ライカ Q2 モノクローム」を2020年11月19日に発売。価格は税別74万円。

AFシステムでは、同クラス最速レベルの0.15 秒未満を実現。また、画像処理エンジン「LEICA MAESTRO Ⅱ(ライカ・マエストロ・ツー)」に改良を加えて、最大記録画素数4730 万画素で10 コマ/秒の高速連写性能を実現。また4K 画質で映像を記録できる動画撮影機能も搭載し、表現の自由度も広がる。

主な仕様

●撮像画面サイズ/アスペクト比: 36×24mm/3:2
●レンズ :ライカ ズミルックス f1.7/28mm ASPH.
●レンズ構成:9 群11 枚 非球面レンズ:3 枚
●クロッピング: 28mm、35mm、50mm、75mm の各レンズ相当の画角(JPEG形式)
●手ブレ補正機能 :光学式(静止画および動画)
●絞り値 :F1.7~F16(1/3 ステップ)
●撮像素子: モノクロ撮影専用35mm フルサイズCMOS センサー
●総画素数:5040 万画素
●有効画素数:4730 万画素
●ダイナミックレンジ 13 段(ISO 200 時)
●静止画記録形式 DNG、DNG + JPEG、JPEG
●ISO 感度:オート、ISO 100、ISO 200、ISO 400、ISO 800、ISO 1600、ISO 3200、
ISO 6400、ISO 12500、ISO 25000、ISO 50000、ISO 100000
●連続撮影 :10コマ/秒(高速)、5コマ/秒(中速)、3 マ/秒(低速)、
セルフタイマー 2 秒、12 秒
●有機EL電子ビューファインダー: 総ドット数:368 万ドット(1280×960 ドット×3 色)
視野率:約100%、アスペクト比:4:3 アイポイント:21mm 視度調整範囲: -4~+3dpt. アイセンサー付き(ファインダー表示と液晶モニター表示の自動切り換えが可能)
●液晶モニター: 3.0 型タッチパネルTFT 液晶モニター ドット数:約104 万ドット
●Wi-Fi(無線LAN) 準拠規格:IEEE 802.11b/g/n(無線LAN 標準プロトコル) 使用周波数範囲:1~11ch 暗号化方式:Wi-Fi 準拠 WPA/WPA2
●アクセス方式:インフラストラクチャーモードBluetooth Bluetooth LE
●電源 :充電式リチウムイオンバッテリー Leica BP-SCL4(定格電圧:7.2V、容量:1860mAh)
●大きさ(幅×高さ×奥行):130×80×91.9mm
●重さ:735g(バッテリー含む)/637g(バッテリー含まず)
●付属品:キャリングストラップ、レンズフード、レンズキャップ、ホットシューカバー、充電式リチウムイオンバッテリー、バッテリーチャージャー、電源コード、USB ケーブル
●対応アプリ:Leica FOTOS

詳細についてはこちらを参照

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.