第一印象から強烈なインパクトを感じさせるプジョーの新型「SUV 2008」。しかし卓越した個性は、そのルックスやインターフェイスだけではなかった。プジョー ブランドが長年育んできた「醍醐味」が、しっかりそこに息づいているのだ。(Motor Magazine 2020年12月号より)

FFのみの設定ながら高い悪路走破性を実現

プジョーにとって、本格的にSUV濃度が高いモデルの先駆けとなったのが、初代2008だった。デビューしたのは、2013年のこと。いわゆる「4桁車名」がついたラインナップとしては、最後発だった。

登場当初から2008は、レールを巧みにデザイン化した2段ルーフや、前後のスキッドプレートなどにより、SUV的な雰囲気をスタイリッシュに打ち出していた。また、16年に行われた大規模なマイナーチェンジでは、直立した大型グリルやボディを一周する黒のクラディングパネルなど、現在のプジョーSUVに共通するデザイン要素を取り入れている。

さらに機能面ではスノー(雪)/マッド(泥)/サンド(砂地)など路面に応じてプリセットされたトラクションコントロールのモード切り替えが可能な「グリップコントロール」を採用。実際にオフロードコースで試したが、マッドモードでは滑っている側もある程度空転させ泥を飛ばしつつ、グリップしている側には適度なスリップを許すほど十分なトルクを振り分けることで、想像以上の走破性を実現していた。

セグメントならではの車重の軽さもあって、FFながらオフロードもかなり本格的に行けてしまうのは魅力のひとつと言える。そのプジョーSUV 2008が、7年ぶりのフルモデルチェンジを受けて、この9月から日本上陸を開始している。

新型は電動化を考慮して新開発されたCMP(コモン モジュラー プラットフォーム)の採用に伴って、ピュアEVのSUV e-2008をあわせてラインナップすることでも話題だが、こちらの国内デリバリーはもう少し先になりそう。そこで今回は、ひと足先に上陸した1.2L直列3気筒ピュアテックガソリンターボを搭載したGTラインを試した。装備が充実しており唯一、アドバンスドグリップコントロールも備えている。

そんな新型SUV 2008GTラインとの初対面の印象は、「すごく弾けたスタイルになったな」だった。彫りの深い水平基調のボンネット先端に大型グリルを垂直に置くという、プジョーSUVデザインの基本を守りつつ、側面のガラスエリア後端を大胆に蹴り上げてヒドゥン化したピラーへと繋げている。面積が大きくなったボディ側面の前後には大胆な三角形の切り返しを入れ、ハイライトと影が複雑に交錯する躍動感の強いプロフィールを作り出した。

個性派が多いコンパクトSUVの中でも、サイドパネルのデザイン的アレンジでこれだけ遊んだ例はあまり見たことがない。だから新型SUV 2008は見ているだけで楽しいのである。

画像: 駆動はFFのみの設定。スノー(雪)/マッド(泥)/サンド(砂地)のトラクション切替えモードを用意。

駆動はFFのみの設定。スノー(雪)/マッド(泥)/サンド(砂地)のトラクション切替えモードを用意。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.