2020年11月5日、マクラーレン オートモーティブは、スーパー シリーズの最高峰モデルとなる「765LT」の実車を日本で初公開した。(写真は765LTとマクラーレン オートモーティブ アジア 日本支社の正本代表)

わずか1229kgの車体で0→100km/h加速は2.8秒!

画像: マクラーレン 765LT発表会の模様(2020年11月5日) youtu.be

マクラーレン 765LT発表会の模様(2020年11月5日)

youtu.be

マクラーレン 765LT(セブン シックス ファイブ エルティーと呼ぶ)は、究極のアルティメット シリーズ、中核のスーパー シリーズ、エントリーグレードのスポーツ シリーズと3つのラインアップで展開するマクラーレンのスポーツカーの中で、スーパー シリーズの最高峰となる限定モデルとして、2020年3月に本国イギリスで発表された。

765LTに関しては、当サイトでも何回か紹介しているが、あらめておさらいしておこう。車名の「LT」とはロングテールの意味で、1990年代のル・マン24時間レースなどで活躍した「マクラーレン F1 GTR ロングテール」をルーツに、LTの名が与えられたモデルは限定で何回か登場している。LTの伝統は軽量化にあり、この765LTもベースとなった720Sから80kg以上もの軽量化が達成されている。

シャシやボディはカーボンファイバー製で、エグゾーストシステムはチタン製。インテリアもカーボンファイバーや軽量アルカンターラを多用し、エアコンとオーディオは標準では装着されない(追加費用なしのオプション設定)。DIN車両重量(液体+100%の燃料)では1339kg、最軽量のオプション装着車では1229kgを達成している。

画像: コクピットも徹底した軽量化が図られ、カーボンファイバー製のシートや軽量のアルカンターラが用いられている。

コクピットも徹底した軽量化が図られ、カーボンファイバー製のシートや軽量のアルカンターラが用いられている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.