ドゥカティのアドベンチャーモデル「ムルティストラーダ」の最新モデルが発表されました! エンジンは2気筒から4気筒に。「ムルティストラーダV4」「ムルティストラーダV4 S」「ムルティストラーダV4 S Sport」の3グレードで展開!

5年ぶりの大きなモデルチェンジ! 完全新設計エンジンと多彩な電子制御システムを搭載

画像: 5年ぶりの大きなモデルチェンジ! 完全新設計エンジンと多彩な電子制御システムを搭載

2020年11月4日、ドゥカティがムルティストラーダ・ファミリーの新機種「ムルティストラーダV4」シリーズを正式に発表しました。

新設計のV型4気筒エンジンは、先んじて10月15日に公開。そのときは車体はチラ見せに留まりましたが、今回その全貌が明らかになった次第です。

画像: New Ducati Multistrada V4 | Rule all Roads (JAP) www.youtube.com

New Ducati Multistrada V4 | Rule all Roads (JAP)

www.youtube.com

シリーズは3機種同時に発表されました。

スタンダードモデルは「ムルティストラーダV4」。上級機種として「V4 S」と「V4 S Sport」がラインナップされます。

DUCATI Multistrada V4

主なスペック(欧州仕様車)

ホイールベース1567mm
最低地上高220mm
シート高840/860mm(可変式)
乾燥重量215kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブV型4気筒
総排気量1158cc
ボア×ストローク83×53.5mm
圧縮比14.0
最高出力125kW(170hp)/10500rpm
最大トルク125N・m(12.7kgf・m)/8750rpm
燃料タンク容量22L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.5゜
トレール量102.5mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR19・170/60ZR17
ブレーキ形式(前・後)320mmダブルディスク・265mmシングルディスク

DUCATI Multistrada V4 S

「V4」との装備のちがい
 
●ザックス製エレクトロニックセミアクティブ ドゥカティスカイフックサスペンション(DSS)EVOサスペンションシステム
●合金ホイールまたはスポークホイールを選択可能
●330mmフロントダブルディスク、ブレンボ製Stilema 4ピストン ラジアルキャリパー
●フルLEDヘッドライト、コーナリングライト
●ハンズフリー・イグニッション(スマートキー)
●6.5インチ フルカラーTFTメーターパネル
●スマートフォン連携機能
●クイックシフター(アップ/ダウンに対応)
●クルーズコントロール
●ビークルホールドコントロール(VHC)

DUCATI Multistrada V4 S Sport

「V4 S」との装備のちがい
 
●アクラポヴィッチ製 カーボン&チタンサイレンサー
●カーボン製フロントフェンダー

ドゥカティ ムルティストラーダV4・シリーズの特徴

スタイリング

画像1: スタイリング

デザインは大きく変わったものの、一目でドゥカティのムルティストラーダであることは分かるスタイリング。

ムルティストラーダV4は、コンパクトかつスリムさにこだわったとのこと。また、高級感あふれるエレガントさ、アドベンチャーモデルならではの頑丈さタフネスさもデザインで表現しています。

画像2: スタイリング

フレームはアルミ製モノコックフレーム。スイングアームは両持ち式。1567mmという短いホイールベースが特徴。サスペンションは、フロント170mm・リア180mmのストローク量を確保。最低地上高は、220mmです。乾燥重量は215kg。

タイヤサイズは前19インチ・後17インチ。燃料タンク容量は22L。これまでのシリーズ同様、オンロードでの長距離走行をベースに捉えながら、オフロード走行も想定した仕様だとうかがえます。

 

エンジン

画像: 完全新設計されたエンジン「V4グランツーリスモ」

完全新設計されたエンジン「V4グランツーリスモ」

完全新設計の水冷4ストDOHC4バルブV型4気筒エンジン「V4グランツーリスモ」は、MotoGP由来のテクノロジーを搭載。総排気量は1158cc。

最高出力は125kW(170hp)/10500rpm、最大トルクは125N・m(12.7kgf・m)/8750rpmで発揮。

低回転域でのスムーズさ、中回転域での力強さ、高回転域でのスポーティさを実現したとのこと。

画像: エンジン

V4エンジンながら非常に軽量なのが大きな特徴で、エンジン単体の重量は66.7kg。サイズもコンパクトにまとまっており、スリムな車体と合わさり、これまでのV4モデルとは異なる軽快な印象を受けます。

また、メンテナンスサイクルの長さも魅力。オイル交換は15000km毎、バルブ・クリアランスの点検と調整は60000km毎と発表されました。

 

電子制御装備

画像1: 電子制御装備

コーナリングABS、ウイリーコントロール、トラクションコントロールを採用し、ライディングモードは「スポーツ」「ツーリング」「アーバン」「エンデューロ」の設定が可能。

ムルティストラーダV4Sには、コーナリングライトや、坂道発進をサポートするビークルホールドコントロールも搭載。

また「V4 S」には「アダプティブ・クルーズ・コントロール」を採用。前方車両との車間距離を一定に保つ最新のクルーズコントロールとなっています。

TFT液晶メーターは、「V4」が5インチ、「V4 S」は6.5インチの大型のものが採用されました。

画像2: 電子制御装備
画像3: 電子制御装備

これまでも革新の装備を搭載してきたムルティストラーダ

ドゥカティのムルティストラーダは2003年に初代が誕生。その後約18年間で累計11万台以上の生産を記録しています。

2010年にはフルモデルチェンジを果たし、世界で初めてライディングモードを搭載。2015年には、可変バルブを採用したエンジンを搭載。

画像: これまでも革新の装備を搭載してきたムルティストラーダ

今回発表された「ムルティストラーダV4」は、シリーズの第4世代に。エンジンを2気筒から4気筒に一新しながら軽量かつスリムさを追求。そしてメンテナンスサイクルの長さも強調。より長く付き合える愛車として、魅力的な装備と性能を確保した印象です。

日本での価格や発売時期は未定ですが、人気の大型アドベンチャーカテゴリーゆえに販売は確実でしょう。さらなる詳細は月刊『オートバイ』2021年1月号でお伝えします。

まとめ:西野鉄兵

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.