2020年12月11日に公開の映画『天外者』の場面写真が解禁となった。

三浦春馬が全身全霊で挑んだ主演作『天外者』。混沌と不安の時代に問う、激動の時代を駆け抜けた五代友厚、坂本龍馬、岩崎弥太郎、伊藤博文といった偉人たちを三浦春馬、三浦翔平、西川貴教、森永悠希らが演じる、日本の未来のために懸ける熱き男たちの壮大な歴史青春群像劇。

解禁された場面写真は、五代友厚(三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)が鬼気迫る顔で背中を合わせている姿や、岩崎弥太郎(西川貴教)と伊藤博文(森永悠希)が、真剣な様子で話し合っている様子を捉えている。
五代と妻・豊子 (蓮佛美沙子)が二人寄り添って字をしたためている様子からは、妻の優しさと五代が唯一心休まる場所が、豊子の隣だったということが伝わってくる。また坂本と岩崎が希望に満ちた目で前を見据える写真や、はる(森川葵)の力強い目線からは、彼らが五代の志と同様に、激動の中で希望を捨てず、夢のある未来を求めて生き抜いたように見える。

画像1: ©︎2020 「五代友厚」製作委員会

©︎2020 「五代友厚」製作委員会

画像2: ©︎2020 「五代友厚」製作委員会

©︎2020 「五代友厚」製作委員会

画像3: ©︎2020 「五代友厚」製作委員会

©︎2020 「五代友厚」製作委員会

画像4: ©︎2020 「五代友厚」製作委員会

©︎2020 「五代友厚」製作委員会

画像5: ©︎2020 「五代友厚」製作委員会

©︎2020 「五代友厚」製作委員会

画像6: ©︎2020 「五代友厚」製作委員会

©︎2020 「五代友厚」製作委員会

画像7: ©︎2020 「五代友厚」製作委員会

©︎2020 「五代友厚」製作委員会

三浦春馬演じる「五代友厚」とは

土佐の坂本龍馬、岩崎弥太郎、長州の伊藤博文ら同年代の若者たちと学び、遊び、夢を語りあい、さらには高杉晋作、勝海舟、大久保 利通、西郷隆盛、大隈重信、トーマス・グラバーといった日本を語る上で欠くことが出来ない偉人・傑物たちとも交わり、友として彼らを支 えた。近代日本経済の基礎を構築し稀代の≪天外者(てんがらもん)=凄まじい才能の持ち主≫と呼ばれた五代友厚。武士の身であり ながらも上海に渡って蒸気船を購入し、海外貿易による商業立国を説き、イギリスへ留学生を送り出し、自らもヨーロッパを視察する。明 治政府が誕生すると政府役人となるが、大阪を「東洋のマンチェスター」に発展させるため実業家に転身。貨幣造幣局の設立、電信・鉄 道・紡績・鉱山など多くの事業を精力的に手がけ、現在の大阪証券取引所・大阪商工会議所・大阪市立大学など膨大な数の組織や企 業の設立に尽力した。

STORY

江戸末期、ペリー来航に震撼した日本の片隅で、新しい時代の到来を敏感に察知した若き二人の青年武士が全速力で駆け抜ける―。五代才助(後の友厚、三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)。二人はなぜか、大勢の侍に命を狙われている。日本の未来を遠くまで見据える二人の人生が、この瞬間、重なり始める。攘夷か、開国かー。五代は激しい内輪揉めには目もくれず、世界に目を向けていた。そんな折、遊女のはる(森川葵)と出会い「自由な夢を見たい」という想いに駆られ、誰もが夢見ることのできる国をつくるため坂本龍馬、岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(森永悠希)らと志を共にするのであった―。

画像: 映画『天外者(てんがらもん)』本予告映像(12月11日公開)©︎2020 「五代友厚」製作委員会 youtu.be

映画『天外者(てんがらもん)』本予告映像(12月11日公開)©︎2020 「五代友厚」製作委員会

youtu.be

映画『天外者』
 

2020年12月11日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

【出演】 三浦春馬  三浦翔平 西川貴教 森永悠希 森川葵 /蓮佛美沙子 生瀬勝久 ほか 

【スタッフ】 監督:田中光敏 脚本:小松江里子 
【配給】 ギグリーボックス 
【上映時間】109分
©︎2020 「五代友厚」製作委員会

●公式サイト https://tengaramon-movie.com

●公式Twitter https://twitter.com/tengaramon_1211

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.