富士スピードウェイを舞台に繰り広げられているミニバイクの祭典、それが「FSWミニろく」。文字通りミニバイクの6時間耐久レースなんだけど、仲間ともっとみんなでバイクを楽しみたい!という人たちにオススメしたいレースなのだ。仲間同士でラップタイムを競うも良し、ピクニック気分で盛り上がるも良し。サーキットを思う存分満喫しちゃおう! ということで、今回はそんな「FSWミニろく」の楽しみ方をお教えしましょう!

PHOTO/REPORT:KAZU中西

これから参戦なら「スーパーグローバル」クラスがオススメ!

画像: これから参戦なら「スーパーグローバル」クラスがオススメ!

FSWミニろくとは、富士スピードウェイ内のレーシングコース、ショートコース、カートコースを転戦するミニバイクの6時間耐久シリーズ戦。2スト50ccから4スト150ccまで、8クラスが混走する。ライダーは、サーキットのスポーツ走行が可能な装具と運転免許を持っていれば参戦OK! マシンは、参加してみたいクラスに合えばOKだ。

エントリー数が最も多いのはスーパーグローバルクラス。マフラー、サスペンション、ブレーキ関連パーツは交換可能だけど、タイヤを交換しただけのほぼノーマルでも十分楽しめて、参戦コストを抑えられる。大柄な車体サイズは疲れにくいというウワサもあり。入門クラスとしても最適だ。

スーパーグローバルクラスに参戦可能な車両はこんなマシン!

HONDA CBR150R

画像: HONDA CBR150R

YAMAHA YZF-R15

画像: YAMAHA YZF-R15

SUZUKI GIXXER150

画像: SUZUKI GIXXER150

「スーパーグローバル」クラスに参戦可能なマシンは、主にアジア圏で生産されている水冷4スト125cc、および150ccマシンの中から車名で指定されている。ここに挙げたように、CBR150RやYZF-R15の他、ジクサー150やGSX-R125/150、KTMのRC125なども参戦可能。基本的に頑丈な車両ばかりなので、長くレース参戦を楽しめるのも魅力だ。

仲間は多いほど吉! チームワークが勝負を決める

画像1: 仲間は多いほど吉! チームワークが勝負を決める

FSWミニろくのルールでは1チーム3人以上のライダーが必要だが、実際に3人だけで参戦してみると、ゆっくり食事をとっている時間もないくらい忙しくて疲れてしまう。これから参戦するなら、できればレース全体をマネジメントする監督、メカニック、ヘルパーまで含めて、6人以上のチーム体制が理想的。ちなみに、2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1チーム最大10人までとなっている。

画像2: 仲間は多いほど吉! チームワークが勝負を決める

出走順に関しては、スタートライダーをチームで一番速い人が務め、2番手以降は淡々とラップを重ねるライダーを揃えるのが好結果をもたらすようだ。国際レーシングコースを使用するレーシングコース戦では8回以上のピットインが義務づけられていて、ライダー交代のタイミングも重要になる。あと、ピットロードの速度違反はペナルティをくらうので要注意。ミニバイクのレースだけど、内容は本格的で、気分はまるでEWCなのだ。

画像3: 仲間は多いほど吉! チームワークが勝負を決める

終わってみればこの盛り上がりぶり。仲間が多いほど楽しいし、思い出も増える。参加するなら人数は多いほど吉!これはFSWミニろくを楽しむ上で大事なポイントなのだ。

パドックではBBQもOK! お祭り気分で楽しめ!

画像1: パドックではBBQもOK! お祭り気分で楽しめ!

レーシングトラック以上にアツい!のが、ピット裏パドックのワイワイガヤガヤぶり。パドックはBBQがOKになっているから、焼肉、焼きそば、焼き鳥、鍋料理も出来ちゃう。仲間同士のBBQ、これで盛り上がらないはずがなく、パドックはまさにピクニックやデイキャンプの様相。ソーシャルディスタンスの確保と手洗い、マスクの着用を意識しながら、オープンエアの開放感を楽しもう。

画像2: パドックではBBQもOK! お祭り気分で楽しめ!

焼肉や鉄板焼きはもちろんのこと、まぐろのカブト焼きといった豪快な料理をするチームも。夏場の開催ではかき氷を楽しむチームもあって、それぞれが趣向を凝らしているのも面白い。レースだけでなく、こっちのパーティもたくさんの仲間がいるほど盛り上がる。実はコッチ目当ての参加者も結構いるのでは?

画像3: パドックではBBQもOK! お祭り気分で楽しめ!

来シーズンは「パドックグルメGP」が開催されると言うウワサもあるので、今のうちに料理を練習しておくといいかも。その他にもコスプレを楽しむチームあり、カスタム談議で熱く語り合うチームありと、ノリは完ぺきにサークル活動状態。サーキットを走っていないときも思う存分「FSWミニろく」を楽しむべし!

最終戦は12月6日開催。ただいまエントリー受付中!

画像: 最終戦は12月6日開催。ただいまエントリー受付中!

2020年シーズンを締めくくるミニろく最終戦はショートコースで12月6日に開催!スターティンググリッドはエントリー受理された順番となるので、申し込みはお早めに。来シーズンの様子見で参戦するもヨシ、レースはライダーに任せて、パドックでおでんパーティを楽しむもヨシ、クラブ活動やサークル活動の場として活用するもヨシ。とことん楽しもう!

●FSWミニろく申し込み・問い合わせ先
〒410-1307
静岡県駿東郡小山町中日向694
富士スピードウェイ内カートコース
0550-78-2255(事務局直通)

11月20日(金)にはMAX ZONE mini 最終戦も開催!こちらもぜひ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.