キヤノンは「EOS R システム」の交換レンズ「RF レンズ」の新製品として、標準単焦点レンズ「RF50mm F1.8 STM」を2020 年12 月下旬に発売する。価格は税別2万6000円(※参考価格:キヤノンオンラインショップ販売予定価格)。

本レンズの特長

「RF50mm F1.8 STM」は、コスパが高いと評判の同社の一眼レフ用レンズ「EF50mm F1.8 STM」と同等の高画質、携帯性を実現しながら、近接撮影機能を向上させた標準単焦点レンズ。ポートレートやスナップ撮影に適したRFレンズが加わることで、EOS Rシリーズを使うフィールドも広がり、さらに撮影者のフットワークも軽くなる。

■F1.8開放絞り値による美しいボケと使い勝手の良さ
下の作例のように開放F 値1.8 の明るい開放絞り値と7枚羽根の円形絞りにより、前景や背景を美しくぼかした描写が可能。また、最大撮影倍率0.25 倍、最短撮影距離0.30m の近接撮影機能を備えており、アクセサリーや料理、小物類などの撮影にも適応する。

画像1: 本レンズの特長

■「RF マウント」の特長を生かした携帯性と高画質の両立
「RF マウント」の特長である大口径・ショートバックフォーカスを生かした5群6枚のレンズ構成を採用。そして非球面レンズを効果的に配置し、全長約40.5mm、質量約160g の小型・軽量を実現している。

画像2: 本レンズの特長

■撮影シーンに応じた操作性
ピント合わせと任意に割り当てたシャッター速度、絞り数値などを調整できる「フォーカス/コントロールリング」を搭載。鏡筒部のスイッチで設定変更が可能。「フォーカス/コントロールリング」には緻密なアヤメローレットを施している。

画像3: 本レンズの特長

本レンズの詳細についてはこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.