2020年10月29日、アウトモビリ・ランボルギーニが東京・六本木に「ザ ラウンジ トーキョー(THE LOUNGE TOKYO)」をオープンした。これまでにアメリカ・ペブルビーチ、メルボルン、サンモリッツ、東京・原宿などに期間限定で開設しているが、常設のラウンジとしてはニューヨークに続く世界で2拠点目となる。

ランボルギーニ ブランドに埋め尽くされたエクスクルーシブなくつろぎ空間

ザ ラウンジ トーキョーは、ディーラーとは一線を画した落ち着きのある時間をランボルギーニの顧客に過ごしてもらうべく誕生したスペースで、いわばブランドの発信拠点というべきものだ。

「ランボルギーニのオーナーが自由に寛げる心地いい空間」、「ランボルギーニの歴史や伝統、世界観やDNAに触れることができるスペース」、「ゲストが何らかの義務感にかられなくていい場所」というコンセプトでデザインされ、ランボルギーニのコアコンセプトである「インフォーマルなラグジュアリー」という世界観を表現しながら、ランボルギーニ・ブランドに埋め尽くされたエクスクルーシブなくつろぎの空間でゲストを迎える。

ザ ラウンジ トーキョーは1Fのグランフロア、2Fと3Fのイベントフロア、地下1Fのアド・ペルソナム専用スタジオで構成される。

1Fのグランフロアはランボルギーニの世界への入り口であり、ここではパーソナルな納車セレモニーも行われる。2Fと3Fはビジネスやプライベートのイベントやミーティングに活用できる空間で、ランボルギーニの独特なスタイルとデザインにあふれたスペースとなっている。最高のひとときを過ごすため、事前に予約する必要はあるが、家族や友人とともにソファにゆったりと腰掛け、イタリアの料理や飲み物、たとえばプロセッコなどを味わうことができる。

画像: 2Fのイベントフロア。ビジネスやプライベートのイベント、ミーティングに活用できる空間。

2Fのイベントフロア。ビジネスやプライベートのイベント、ミーティングに活用できる空間。

地下1Fはアド・ペルソナム専用スタジオ。サンタアガタ本社のスタジオ以外で、初めて作られた専用スタジオとなる。アウトモビリ・ランボルギーニのチーフコマーシャルオフィサー、ジョヴァンニ・ペロシーノ氏は「現在、ランボルギーニが世界中でデリバリーするクルマの半数以上が、本社のスタジオを直接訪問、またはディーラーを通して、アド・ペルソナムによるディテールのカスタマイズをご依頼いただいています。数え切れないほどの選択肢を提供するアド・ペルソナムのプログラムは、日本のお客様にも大変好評をいただいており、昨年大阪で開催されたランボルギーニ デイには200台以上のランボルギーニが集まり、参加いただいたオーナーの皆様の中にも、アド・ペルソナムでカスタマイズされたランボルギーニがたくさん見られたことに大変感激したのを覚えています」とコメント。ちなみに現在日本で販売されるランボルギーニの実に80%がアド・ペルソナムで仕上げられているという。

画像: 地下1Fはアド・ペルソナム専用スタジオ。様々なプログラムの中からじっくりと仕様を選ぶことができる。

地下1Fはアド・ペルソナム専用スタジオ。様々なプログラムの中からじっくりと仕様を選ぶことができる。

スーパーカー界の雄であるランボルギーニはもともと技術フェチで、硬派なストーリーで語られることが多いが、ウルスの登場以来、より多くの女性からの関心が持たれるブランドとなっており、実際、ランボルギーニには特定のカラーにとらわれない、いつでも打ち解けた雰囲気がある。そんな世界が味わえる空間となっている。

今回の「ザ ラウンジ トーキョー」オープンにあたっては、世界的ファッションデザイナーの山本耀司氏が設立したファッションブランド「ヨウジヤマモト(Yoji Yamamoto)」とのコラボレーションで誕生した「アヴァンタドールS dressed by Yoji Yamamoto」をはじめ、共同ブランディングのカプセルコレクションとしてモッズコート、ボンバージャケット、フーディースウェットなど、ユニークなアイテムを展示している。

アウトモビリ・ランボルギーニのチーフマーケティング&コミュニケーションフィサーのカティア・バッシ氏は「このラウンジができたのは、ランボルギーニがエクスペリエンスをデザインするブランドであるからです。ランボルギーニがもたらす本物のイタリアを感じ、楽しんでほしいと願っています。ザ ラウンジ トーキョーは、ブランドとイタリア文化のアイデンティティを大切にしながらイノベーションに向かう、ランボルギーニの姿勢を反映しています」とコメントしている。

ザ ラウンジ トーキョー(THE LOUNGE TOKYO)

住所:〒106-0032 東京都港区六本木7-5-5 国立新美術館至近
営業時間:月曜日~金曜日(10時~18時)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.