伝統の遊び心はそのままに全てを一新したヤマハ「ビーウィズ125」

画像1: 伝統の遊び心はそのままに全てを一新したヤマハ「ビーウィズ125」
画像2: 伝統の遊び心はそのままに全てを一新したヤマハ「ビーウィズ125」

オフロード車的なヘビーデューティさを各部に取り入れることで、SUV的な性格を与えられた遊び心に溢れるスクーター・BW`Sは、長年そのユニークさが国内外で根強い人気を集めてきた。その最新2021年モデルとして、先日台湾ヤマハから新型BW’S125が発表された。

画像3: 伝統の遊び心はそのままに全てを一新したヤマハ「ビーウィズ125」

初代モデルからのユニークなコンセプトはそのまま受け継がれているが、新型でもその特徴的なスタイリングがやはり気になるところ。バーハンドルやデュアルヘッドライト、アップタイプのフロントフェンダーといったBW’S伝統のオフロード的ディテールを受け継ぎながらも、非対称ヘッドライトをはじめ最新のトレンドを取り入れた新デザインに変身。無骨で機能的だが、どことなくユーモラスなキャラクターも感じさせる魅力的な仕上がりとなっている。

画像4: 伝統の遊び心はそのままに全てを一新したヤマハ「ビーウィズ125」
画像5: 伝統の遊び心はそのままに全てを一新したヤマハ「ビーウィズ125」
画像6: 伝統の遊び心はそのままに全てを一新したヤマハ「ビーウィズ125」

メカニズム面も従来モデルから全てを一新。エンジンが水冷の125ccブルーコアエンジンが採用され、VVA機構を活かして力強さを増すと同時に環境性能や経済性も向上。剛性を大きく向上させた新しいフレームにしっかりとした前後サスペンションと前後ディスクブレーキを装着。そこにBW`Sの伝統である、ゴツい12インチサイズのブロックタイヤを履かせることで、街乗りはもちろん、ちょっとしたオフロード走行にも対応できる。

豊富で機能的なオプションも用意

画像1: 豊富で機能的なオプションも用意
画像2: 豊富で機能的なオプションも用意
画像3: 豊富で機能的なオプションも用意

車体には純正オプションとして用意されるキャリアやガード類を装着するためのポイントをあらかじめ用意。そのため簡単に積載性能を拡張することができ、実用的な街乗り、そしてツーリング用途でも便利に使えそう。その他にも、サスペンションやドライブレコーダーなど、豊富で機能的なオプションも設定されている。

マット調な4色のカラーバリエーション

画像1: マット調な4色のカラーバリエーション
画像2: マット調な4色のカラーバリエーション
画像3: マット調な4色のカラーバリエーション
画像4: マット調な4色のカラーバリエーション

カラーバリエーションは、オフロードテイストに似合うマット調を採用した全4色がラインナップされる。

気になる日本での発売は?

画像: 気になる日本での発売は?

国内では従来型のBW`S125は販売終了となっているだけに、新型が日本で発売されるかどうかは気になるところだが、現状では日本市場への導入は未定とされている。しかし根強いファンの多いモデルだけに、日本でも発売される日が来ることを期待したい。

新型BW’S125の主なスペック(台湾仕様)

全長×全幅×全高1920 x 760 x 1150mm
ホイールベース1340mm
シート高785mm
車両重量127kg
エンジン形式水冷4スト単気筒4バルブ
総排気量125cc
燃料タンク容量6.1L
タイヤサイズ(前・後)120/70-12・130/70-12
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク

まとめ:小松信夫

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.