11月2日、2020年12月31日放送の「第71回NHK紅白歌合戦」の司会者ならびに番組テーマが発表となった。

総合司会には、4年連続4回目となる内村光良と今回で3回目の総合司会を務める桑子真帆アナウンサー。そして紅組司会は女優の二階堂ふみ、白組司会を俳優の大泉洋が務める。

総合司会

総合司会内村光良

画像1: 第71回NHK紅白歌合戦、司会者に二階堂ふみ・大泉洋ら決定!2020年紅白テーマは「今こそ歌おう みんなでエール」

1964年7月22日生まれ。熊本県出身。
1985年、南原清隆とともにお笑いコンビ・ウッチャンナンチャンを結成、
日本を代表するお笑い芸人として活躍中。
個人でも、番組司会や俳優、映画監督、音楽企画ユニットでCDデビューを
果たすなど多才ぶりを発揮している。
NHKでは2012年からコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」
で座長を務めており、「三津谷寛治」や「宇宙人総理」といったキャラクター
ほか、時代を捉えたさまざまなコントが、世代を超え人気を博している。
そして、新型コロナウイルス感染拡大が続く今年8月には、生放送の音楽特番
「ライブ・エール」で司会を担当。番組では、自身もピアノ演奏に取り組み、
その懸命な姿は大きな反響を呼んだ。
なお第49回紅白歌合戦では、音楽企画ユニット「ポケットビスケッツ」の
メンバーとして出場。紅白での総合司会は 4 年連続、4回目となる。

総合司会桑子真帆アナウンサー

画像2: 第71回NHK紅白歌合戦、司会者に二階堂ふみ・大泉洋ら決定!2020年紅白テーマは「今こそ歌おう みんなでエール」

1987年生まれ。神奈川県出身。
2010年、NHK入局。長野局、広島局、東京・アナウンス室に勤務。
現在、「おはよう日本」のキャスターをつとめる。これまで、「ブラタモリ」「ニュース7」「ニュースウオッチ9」「ニュースチェック11」などを担当。
今年8月に放送された音楽特番「ライブ・エール」でも MC をつとめた。
モットーは自然体。特技はピアノやクラリネット、サックスなど。
明るく親しみやすいアナウンスメントでNHKの顔として活躍している。
紅白の総合司会は、68回、69回に引き続き3回目となる。

紅組、白組司会

紅組司会二階堂ふみ

画像3: 第71回NHK紅白歌合戦、司会者に二階堂ふみ・大泉洋ら決定!2020年紅白テーマは「今こそ歌おう みんなでエール」

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。
2009年、「ガマの油」で劇場映画デビュー。
2011年、映画「ヒミズ」ではヴェネチア国際映画祭マルチェロマストロヤンニ賞(最優秀新人俳優賞)を受賞。
2014年、映画「私の男」では日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。近年はテレビドラマ「この世界の片隅に」、「ストロベリーナイト・サーガ」、映画「リバーズ・エッジ」、「翔んで埼玉」など数々の話題作に出演NHKでは、大河ドラマ「平清盛」、「軍師官兵衛」、「西郷どん」などに出演。そして、今年3月から放送されている連続テレビ小説「エール」では、主人公の妻でヒロインの古山音(こやま・おと)役を演じ、“日本の朝の顔”となった。
そのほか、雑誌での連載や、文筆活動でも注目を集めている。
NHK紅白歌合戦で紅組の司会を務めるのは初めてとなる。

白組司会大泉 洋

画像4: 第71回NHK紅白歌合戦、司会者に二階堂ふみ・大泉洋ら決定!2020年紅白テーマは「今こそ歌おう みんなでエール」

1973年4月3日生まれ。北海道出身。
演劇ユニット「TEAM NACS」メンバー。1996年から北海道の放送局で放送されている深夜番組「水曜どうでしょう」で大きな人気を博し、全国的な注目を集める。
その後、2005年「救命病棟24時」で全国ネットの連続ドラマに初出演してからは、「ハケンの品格」、「探偵はBARにいる」、「青天の霹靂」、「駆込み女と駆出し男」、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」、「ノーサイド・ゲーム」など数多くのテレビドラマや映画の話題作に出演。
NHKでも、大河ドラマ「龍馬伝」、「真田丸」、さらに連続テレビ小説「まれ」ではヒロインの父親役を演じた。
また2018年からは、音楽番組「SONGS」の責任者に就任。自身のエピソードやユーモアを交えた独自の目線で、ベテランから若手まで数多くのアーティストの素顔や魅力に迫ってきた。
NHK紅白歌合戦で白組司会を務めるのは初めてとなる。

テーマは「今こそ歌おう みんなでエール」

番組テーマとなる「今こそ歌おう みんなでエール」には、日本中の視聴者に歌でエールを送りたい、という思いが込められている。
新型コロナウイルスの感染が拡大した今年、世界は一変し様々な分野に深刻な影響が出ており、NHKでは 7 月からウィズコロナ・プロジェクト「みんなでエール」をスタートし、日本赤十字社や中央共同募金会へのチャリティーを通じてコロナと向き合い頑張っている人々を支援してきた。
今年は数多くのライブやフェスが延期や中止となり、音楽やエンターテインメントは不要不急なものとまで言われ、日本国内で感染者が増え続けている中、不安を抱えながらマスクをつけ、ソーシャルディスタンスを守り、物理的に離れて生活しなければならない新しい生活様式を強いられている。こんな時に心の距離を縮めてくれるもの、それは音楽だと。今こそアーティストたちの思いのこもった歌でみんなにエールを送りたい。
コロナによって傷つき疲れ切っている人々の心を癒し、少しでも明るい気持ちで 2021年を迎えて欲しい。今年の紅白歌合戦のテーマにはそんな思いが込められている。

今回で第71回を迎える紅白歌合戦だが、これまでの紅白対戦成績は、昨年の白組勝利で、紅31勝 白39勝。

<第71回 NHK紅白歌合戦 放送予定>

NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第1

12月31日(木)19:30~23:45

※中断ニュースあり

関連記事

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.