2020年11月6日(金)に公開を控える映画『461個のおべんとう』より撮影時のメイキングカットが到着した。
写真左から:井ノ原快彦、兼重淳監督、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)

ミュージシャンの渡辺俊美による感動のお弁当エッセイ「461 個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(マガジンハウス刊)が原作となる映画『461 個のおべんとう』。
高校3年間=計461個、毎日欠かすことなく続けたお弁当を通して、描かれる人気ミュージシャンの父親と息子の絆を描いた心温まるストーリー。

本作の主人公、ミュージシャンでありながら息子のためにお弁当を作り続けることを決意する、シングルファザーの鈴本一樹を演じる、井ノ原快彦。そして、一樹の息子、虹輝を関西ジャニーズJr.のユニット「なにわ男子」に所属する道枝駿佑が演じる。そして兼重淳監督がメガホンをとった。

いよいよ11月6日(金)より公開となる『461個のおべんとう』。
本作は、お弁当を通して親子の絆を描いているが、井ノ原快彦演じた主人公の一樹は職業がプロのミュージシャンということで、劇中に登場するバンド「Ten 4 The Suns」で、井ノ原×KREVA×やついいちろうのライブシーンも見どころの1つとなっている。さらに一樹の恋愛模様もありの、まさにお弁当のようないろんな要素が詰まった作品。

自由奔放な父親、ミュージシャン、恋する男と多様な顔を見せる主人公の一樹を演じた井ノ原快彦は、大人の自由を謳歌しているタフな父親・一樹を作り上げる上で、細やかな役作りを行なっていた。例えば、セリフの一言とっても、シーンによっては「お弁当」を「弁当」と言い換えたり、井ノ原自らセリフの順番を変えることを監督に提案することもあり、実際の撮影にも採用されている。役作りに関して、井ノ原は「事前に準備をしっかりするけれど、(撮影)現場で違うなと思ったらどんどん見直していった」と、語っている。原作者の渡辺俊美を参考にしつつ、自前の洋服や帽子、ブーツなどを取り入れて、一樹の服装やスタイルから人間性が感じられるように現場スタッフと相談しながら決めていった。
解禁されたメイキングショットには、監督と息子役の道枝との撮影現場での様子を捉えている。

録音の大竹修二は、井ノ原の役作りに対してこう語っている。
「一樹(井ノ原)の声は、誰と居るかで全然違う。虹輝(道枝)と一緒の時は、何があっても正面から受け止めるぞ! という落ち着いた感じで、真香(阿部純子)にはちょっと甘えた調子。バンド仲間だと中坊みたいな口調になっています」
井ノ原の役作りは、一樹がどういう気持ちで周りの人と向き合ってるかを声でも表現しているようだ。井ノ原の自然体の演技とあわせて、声にも注目だ。

STORY

長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹(井ノ原快彦)。父を選んでくれた息子・虹輝(道枝駿佑)が15歳と多感な時期を迎えていた時期の離婚なだけに、一樹は虹輝に対する罪悪感に苛まれていた。そんな時、重なるようにして虹輝が高校受験に失敗したという悪い知らせが届く。これまで自由に生きてきた一樹は、虹輝に対し“学校だけがすべてではない。自由に好きなように育ってくれたらそれでいい”と思っていた。しかし、虹輝の出した答えは「高校へ行きたい」だった。そして翌年の春、見事に高校に合格。ここで一樹はある質問をした。「学校の昼食なんだけど虹輝はどっちがいいの?お金渡して自分で買うのと、父さんが作るお弁当」「父さんのお弁当がいい」この瞬間「3年間、毎日お弁当を作る!」「3年間、休まず学校へ行く」という“大切な約束”が生まれたのだった。 慌ただしい毎日の中、お弁当を通して交錯する父と息子の想い。 ライブの翌日も、二日酔いの朝も、早出の朝も...一樹の怒涛 のお弁当作りが始まる――。

映画『461個のおべんとう』

2020年11月6日(金)全国ロードショー

出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズ Jr.)、森 七菜、若林時英、阿部純子、野間口徹、映美くらら、 KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子

監督:兼重 淳(『キセキ -あの日のソビト-』)
脚本:清水匡 兼重淳
原作: 渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)「461 個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(マガジンハウス刊)
企画・製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
製作幹事:ハピネット
配給:東映
© 2020「461 個のおべんとう」製作委員会

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.