富士フイルムは、同社のインスタントカメラ=チェキのラインナップに、新たにスクエアフォーマットに対応した「instax SQUARE SQ1」を追加する。発売は2020年11月6日。

グリグリ回せば撮れるってなモンです。

画像1: グリグリ回せば撮れるってなモンです。
画像2: グリグリ回せば撮れるってなモンです。

新発売となる「SQ1」は、男女問わず人気の高い「スクエアフォーマット」に対応。シーンを選ばずに持ち歩けるシンプル・スタイリッシュなカメラデザインを追求したとのこと。操作ボタンはシャッターボタンのみとし、レンズ根元部を1回まわすと電源ON、2回まわすとセルフィーモードに切り替るなど、誰でも楽しめるシンプルな操作がウリ。
ボディカラーはチョークホワイト、テラコッタオレンジ、グレイシャーブルーの3色が用意され、同色のカメラケースも別売される。

スクエアフィルム「レインボー」「モノクローム」も同時発売。

画像: スクエアフィルム「レインボー」「モノクローム」も同時発売。

さらに今回、SQ1の発売に合わせ、2種類のスクエアフォーマットのフィルムも発売される。
「RAINBOW(レインボー)」はプリントの枠部分にポップなカラーリング(すべて違うそうな)が施されたもので、大音量でダイナソーJr.を聴いたときのような高揚感が得られるような気がする。
一方の「MONOCHROME(モノクローム)」は………まあ、そのまんまなのだが、この季節ゆえ、斜光の長い影を生かして、散歩中のミニチュアダックスフントをシルエットで狙うのが無難でしょう。あ、でもスクエアだから効果薄いじゃん(ひとりごと)。

 instax SQUARE SQ1

使用フィルム:富士フイルム インスタントフィルム instax SQUARE(別売)
レンズ:2群2枚構成 f = 65.75mm 1:12.6
ファインダー:逆ガリレオ式ファインダー 0.4倍 ターゲットマーク付き
撮影範囲:0.3m~∞(0.3m~0.5mではセルフィーモードを使用)
シャッター:プログラム式電子シャッター 1/2~1/400秒 低輝度スローシンクロ
露光調整:自動調節 LV5.0~15.5(ISO800)
フラッシュ:常時発光フラッシュ(自動調光)
充電時間:7.5秒以下(新品電池使用時)
フラッシュ撮影距離:0.3m~2.2m
電源:リチウム電池(CR2) 2本

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.