例年ビッグタイトルの公開が集中する年末。今年も名探偵ポアロ・シリーズ第2弾「ナイル殺人事件」をはじめ楽しみな作品が勢ぞろい。注目の5本をピックアップします。

2020年12月25日(金)公開
ソング・トゥ・ソング

〝生きる伝説〞といわれる名匠が音楽の街を舞台に描く感動作

画像: 〝生きる伝説〞といわれる名匠が音楽の街を舞台に描く感動作

「地獄の逃避行」「天国の日々」といった名作を生み出し、"生きる伝説"ともいわれる巨匠テレンス・マリックが、アカデミー賞を3度受賞した名カメラマン、エマニュエル・ルベツキと組み、アメリカで指折りの音楽の街といわれるオースティンを舞台に描く感動作。

何者かになりたいフリーター、成功した音楽プロデューサー、売れないソングライター、夢を諦めたウェイトレスという、幸せを模索する4人の男女の愛と運命が交差していく。「キャロル」のルーニー・マーラをはじめ、ライアン・ゴズリング、マイケル・ファスベンダー、ナタリー・ポートマンという主役クラスの顔ぶれが豪華共演。

ここに注目!
伝説的名匠の新作は"音楽"にまつわる物語

画像: ここに注目! 伝説的名匠の新作は"音楽"にまつわる物語

タイトル通り、本作のテーマはずばり"音楽"。音楽の街といわれるオースティンが物語の舞台で、ファスベンダーは大物プロデューサー、ゴズリングは売れないソングライター役。リッキー・リー、イギー・ポップ、パティ・スミスなど様々なミュージシャンも登場!

「ソング・トゥ・ソング」
2020年12月25日(金)公開

監督:テレンス・マリック
出演:ルーニー・マーラ、ライアン・ゴズリング、マイケル・ファスベンダー、ナタリー・ポートマン、ケイト・ブランシェット
AMGエンタテインメント配給

© 2017 Buckeye Pictures, LLC

2020年公開
ビル&テッド・フェイス・ザ・ミュージック(原題)

おバカ高校生"ビルとテッド"が約30年ぶりにまさかの帰還!

画像: おバカ高校生"ビルとテッド"が約30年ぶりにまさかの帰還!

当時25歳だったキアヌ・リーヴス の出世作であり、カルト作品としてシリーズ化もされたSF青春コメディー「ビルとテッド」に、29年ぶりとなるシリーズ第3弾が誕生!

キアヌとアレックス・ウィンターの主演コンビはそのままに、中年になったビルとテッドの新たな冒険を描く。未来の使者から、世界をひとつにする曲を書くように命じられた二人の運命は? 監督は「ギャラクシー・クエスト」のディーン・パリソットにバトンタッチ。

ここに注目!
約30年ぶりのテッド役でキアヌが弾けた演技を披露

キアヌ・リーヴスが約30年ぶりにテッド役に復帰!「 ジョン・ウィック 」(2014)や「マトリックス」(1999)などのクールなイメージとは真逆の、能天気で弾けた演技が堪能できるのが嬉しい。「マトリックス」で共演したヒューゴ・ウィーヴィングの姪が共演しているのも話題。

「ビル&テッド・フェイス・ザ・ミュージック(原題)」
2020年公開

監督:ディーン・パリソット
出演:キアヌ・リーヴス、アレックス・ウィンター、サマラ・ウィーヴィング、ブリジット・ランディ・ペイン
ファントム・フィルム配給

© 2020 Bill & Ted FTM, LLC. All rights reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.