自宅に洗車が満足にできる駐車場がない人必見! 洗車に困っている方におすすめのアイデア商品を紹介しよう。バイクだけでなくクルマにも使いやすいサイズだ!
文:太田安治/モデル:平嶋夏海/写真:柴田直行

マンションやアパートのちょっとしたスペースでも使いやすい洗車グッズ

サンコー「ハンディスプラッシュブラシ」

税込価格:4980円
サイズ:高さ500㎜×幅50㎜×奥行き50㎜・ホース長4320㎜

ブラシ付きの本体、10L容量の水タンク(バッグ)、ホースのほか、マイクロファイバークロスと収納袋が同梱されている。

都市部、中でもマンションやアパート住まいのライダーにとって「洗車」は手軽な作業とはいえない。自動車ならガソリンスタンドの洗車機が使えるがオートバイは不可だし、高圧水タイプのコイン洗車場も都市部には少なく、都市部ライダーの多くが「洗車難民」となっている。そこで試してみたのが電動ポンプと洗車ブラシを一体化した簡易洗車アイテム。様々なアイデア製品を発売しているTHANKO(サンコー)の製品だ。

本体に2000mAhの充電式バッテリーとポンプを内蔵し、付属の10Lタンクに入れた水を吸い出してブラシ部分から噴射する仕組みで、手軽に水を流しながら洗車できることが特徴。付属ホースは約4320mmの長さがあり、タンクを移動させなくてもオートバイ全周に届く。付属のバッグ/ホースを使わず、本体に直接ペットボトルを取り付けることもできるから、埃が乗った程度の軽い汚れ落とし、鳥の糞が付いたときにサッと使えるのもいい。

噴射される水は高圧洗浄機のような勢いはないので汚れを吹き飛ばすことはできないが、ブラシ部分に絶え間なく水を供給できるだけでもありがたい。毛足が長くてソフトなブラシは塗装面に傷を付ける心配がなく、空冷エンジンのフィンの隙間にもしっかり届く。もちろん自動車の洗車、網戸や玄関周りの掃除にも使える便利な製品だ。

画像: タンクに水を入れ、本体とホースで接続するだけで使える。本体ブラシの動きに連動するモーションセンサー付きなのも便利。

タンクに水を入れ、本体とホースで接続するだけで使える。本体ブラシの動きに連動するモーションセンサー付きなのも便利。

画像: サントリーの天然水やボルヴィックのペットボトルなら直接ジョイント可能。素早く手軽に使える。

サントリーの天然水やボルヴィックのペットボトルなら直接ジョイント可能。素早く手軽に使える。

画像: 水流は強くないが、汚れをブラシでこすりながら洗い流せることがポイント。本体重量は約400gだ。

水流は強くないが、汚れをブラシでこすりながら洗い流せることがポイント。本体重量は約400gだ。

テスター太田安治の欲張りリクエスト 
 
水勢は決して強くないが、水道がない場所で洗車できることが魅力。洗車用として考えれば、タンクと本体を一体化し、強力なポンプと大容量バッテリーを採用したセパレートタイプがあっても良さそう。

文:太田安治/モデル:平嶋夏海/写真:柴田直行

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.