2020年10月27日、アウディ ジャパンはQ3シリーズのハイパフォーマンスモデル「アウディRS Q3/RS Q3スポーツバック」を発表、12月8日より全国の正規ディーラーで発売する。欧州ですでに人気を博しており、日本導入が待たれていた。

SUVの枠を超えたハイパフォーマンスモデル

アウディQ3 、Q3 スポーツバック は、2020年7月に登場したプレミアムコンパクトSUV。8年ぶりにフルモデルチェンジされた「Q3」と、アウディ初のプレミアムコンパクトクロスオーバーとして同時に登場した「Q3 スポーツバック」は、洗練されたエクステリアデザインや広い室内空間、フルデジタルの液晶パネルや最新世代のナビゲーションシステムを採用した先進的なインテリア、新開発の1.5 TFSIガソリンエンジンやクリーンディーゼルの2.0 TDIによる優れた走行性能などにより、発売以来、人気を集めている。

今回登場したアウディRS Q3 、RS Q3スポーツバックは、そのQ3シリーズの頂点に位置するハイパフォーマンスデルで、アウディスポーツ社が開発、RSモデルの名にふさわしい高性能を備えている。

RS3スポーツバックやTT RSでおなじみのオールアルミ製の直列5気筒TFSIガソリン直噴ターボエンジンは、クラストップレベルの最高出力400ps、最大トルク480Nmを発揮。7速Sトロニックトランスミッションとともに組み合わされるクワトロ システムは、コンパクトかつ軽量な電子油圧制御式の多板クラッチを採用し、前後アクスルにトルクを可変配分することにより、パワーを確実に路面へ伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を実現する。

0-100km/h加速タイムは4.5秒。サスペンションは、Q3/Q3 スポーツバックより車高を10mm低めたRSスポーツサスペンションを標準装備。さらに減衰力を電子制御するRSダンピングコントロールサスペンションをオプションで設定する。

エクステリアでは、ブラックのハニカムメッシュグリルを備えたシングルフレームグリルや大型エアインレット、RSシリーズ専用の前後バンパー、リアディフューザー、左右2本出しの楕円形テールパイプなどを採用。往年の スポーツクワトロを彷彿とさせる前後のブリスターフェンダーや彫りの深いサイドのロワーラインなどにより、RSシリーズならではの力強さを表現している。

オクタゴンのシングルフレームグリルをモチーフとしたデザインがインストルメントパネルが印象的なインテリアでは、メーターにRSシリーズ専用モード付きのアウディバーチャルコックピットプラスを採用、さらにRSロゴ付きアルカンターラ/レザースポーツシートなどを装備し、スポーティさとプレミアム性を高めた演出が施される。

また、オプションで、Sスポーツシートや、インテリアの随所にアクセントステッチを配したRSデザインパッケージも用意されている。

車両価格はRS Q3が838万円(税込み)、RS Q3スポーツバックが863万円(税込み)となっている。

画像: アウディRS Q3スポーツバックはニューモデルとして登場。20インチの10スポークスターデザインアルミホイールを標準装備。オプションで21インチアルミホイールやカラードブレーキキャリパーレッド、セラミックブレーキ、RSスポーツエキゾーストシステムなども選択可能。

アウディRS Q3スポーツバックはニューモデルとして登場。20インチの10スポークスターデザインアルミホイールを標準装備。オプションで21インチアルミホイールやカラードブレーキキャリパーレッド、セラミックブレーキ、RSスポーツエキゾーストシステムなども選択可能。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.