10月17.18日にツインリンクもてぎで行われた全日本ロードレース選手権!

今回は第4戦なのですが、私は開幕戦のSUGO以来の観戦でした。

この2日間で個人的に1番印象に残っているのは、ST1000クラス 決勝での名越哲平選手 vs 高橋裕紀選手。

高橋選手が今まで全勝しているので、今回もその流れになるのかな?!と思いながらも、今回はあえて2番手スタートの名越選手に注目、期待をしてレース開始時間を待っていました。

スタートの瞬間はいつ観てもドキドキ・わくわくするのですが、スタートしてから抜きつ抜かれつあり、3コーナーで一気に前に出たのは名越選手!!!

思わず「わぁ!」と立ち上がりたくなる程、興奮してしまいました。

そのままずっとドキドキ、ワクワク、ラストも感動的なバトルがあったレースだったのですが、私はそんなこのレースをB席というグランドスタンドにある最終コーナー寄りの場所から観戦!

グランドスタンド前のモニターと目の前を走るライダー、そして今回は「RACE NOW」というアプリを使いながら観ていました。

この記事を見て下さってるみなさんは「RACE NOW」のアプリを使ったことがあるって方も多いのかな?!

RACE NOWは鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎで行われているレースのセクタータイムやトップスピード、順位などをわかりやすく見る事が出来るアプリ。

誰がどのセクションで速くて、このラップは何秒速いかがわかってしまうので、情報をたくさん得ながら観られるのでホントに面白いのです!

正直、ツインリンクもてぎって他のサーキットに比べると客席とコースが少し遠いので迫力がある方ではないのですが、その分このアプリが使えるので、他のサーキットとは違った見方ができるのです。

実際に名越選手vs高橋選手も、1ラップ目が終わった後、それぞれのセクションベストとトップの差を観て「セクター1は名越選手のタイムが凄く速いけど、2.3.4は他の選手なのかぁ...」とRACE NOWを観ながらそれぞれのセクション毎のタイム差を観たり、目の前を選手が通過する時はその走りを観ながら「イケイケー!」と応援したり♪

画像: アプリにはこんな感じで表示されます。

アプリにはこんな感じで表示されます。

これまでの3戦は高橋選手がずっと勝っていたので、他の選手がトップを走る姿、勝つ姿も観てみたいなと思い、私はいろんな選手に注目しながら観戦していたのですが、今回は気づいたら名越選手の応援をしていました。

そのまま4L走り、名越選手はファステストをとり、セクター1.2もベスト。

画像: 4L終わった時点でのRACE NOWの画面です。

4L終わった時点でのRACE NOWの画面です。

観ていて、気になったのは高橋選手がセクター3だけはずっとベストを守っていること。

ここだけは凄く速くて得意なんだなぁと観ていると、名越選手と高橋選手の差が最初はひらいていたのですが、後半からどんどん縮み始め、11L目には高橋選手がファステストを更新!

名越選手とのGAPも0.320に。

どんどん縮まっているのが、数字ではもちろん、目の前のストレートを駆け抜けていく様子でもわかり、ハラハラ・ドキドキ。

14Lでゴールとなるのですが、12L目にはGAPが0.287。

ラストラップの前では0.14まで縮まって、これは最後に高橋選手が抜きにくる!という雰囲気に私の胸の鼓動は更に早くなっていました。

今までのセクタータイムをみると、1・2では名越選手は速いので、仕掛けるならセクター3かな。と思っていたのですが、高橋選手が仕掛けたのはセクター3のラスト、90度コーナー。

「やっぱりきたー!」という気持ちと同時に場内が湧いているあの空気感がたまらなかったのですが、このまま抜かれて終わるかと思ったけど、名越選手は抜き返し、1位でホームストレートに戻り、見事優勝!!!!

このラストバトルはホントにドキドキワクワクで、現地でしか味わえない感動だったのですが、これもモニターから聞こえる場内アナウンスや大きなモニター映像。しっかりと数字で出るRACE NOWと目の前でチェッカーを受ける瞬間が見られるという、ホントにホントにどれも必要で、だからこそ感じられるものがありました。
ツインリンクもてぎでそんな雰囲気を味わう事が出来てホントによかったです( ´ ` )

全日本とMotoGP場内モニターの設置位置が違う!

今回モニターを見ながら観戦できる場所はホームストレート沿いにある客席のみ。

ここで観戦するには、入場券、観戦券の他に席によって違うプラスαの料金になるですが、逆に入場券+観戦券だけで観られる自由席は今回は3箇所。

裏ストレートからの90度コーナーを外側から観ることができるZ席。

画像: Z席からパシャリ♪

Z席からパシャリ♪

その反対、コーナーのイン側にあるG席。

画像: 土曜日雨の中の予選中。コースを挟んで奥にあるのがG席です。

土曜日雨の中の予選中。コースを挟んで奥にあるのがG席です。

そして、S字あとのV席です。

画像: 自由席はちゃんと区切られた席というより、コンクリートの段差が椅子になっていて、V席が1番自然に囲まれている席です。

自由席はちゃんと区切られた席というより、コンクリートの段差が椅子になっていて、V席が1番自然に囲まれている席です。

私はMotoGPの時にはロッシ応援席となっているZ席でいつも観ているのですが、実はMotoGPの時はここにもモニターがあるのです。これは世界選手権のみだったんだと今回改めて気づきました。

この90度コーナーは名越選手vs高橋選手のバトルもあったように注目ポイントで、またV席もS字からの流れなどから選手の速度がのって差が縮まったりしやすいので観ていると面白く、あとは車をつけたり、小さいテントを立ててゆったり観るにはとてもいい場所なので、そういった観戦をしている人が多かったです。

画像: 観戦しているお客さんの様子です。

観戦しているお客さんの様子です。

どこにいてもRACE NOWは見られるし、実況も聞こえます。
ただ、実況の聞こえやすさは意外と場所によって違い、個人的にはV席が1番遠いから1番聞こえにくいかと思っていたのですが、その逆で1番聞こえやすかったことに驚きました!

雨などコンディションで変わるのかは、わかりませんが、PITやオフィシャルに流すアナウンスと場内アナウンスって場所によっては両方とも聞こえるのですが、その音が重なると聞こえにくかったり、「あれ?どっちだ?」と特にアプリを見ながら聞いているとわからなくなったりするのです。

V席は他の席に比べてオフィシャルやPITまでは遠いから逆にクリアに実況のアナウンスが聞こえてホントに聞き取りやすかったです!

私は実況は結構聴いて楽しみたいので、V席もいいかなと今回悩んだのですが、入場券と観戦券にほんの少しの費用を足すことでモニターを見ながら観戦できる事を知り、そっちで見ることにしてしまいました!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.