今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代の輸入車ニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「キャデラック CTS」だ。

キャデラック CTS(2003年)

画像: 写真は2.6だが、外観上は3.2とほとんど変わらない。パワースペックは182psと24.9kgmを発生し、車両価格は495万円。

写真は2.6だが、外観上は3.2とほとんど変わらない。パワースペックは182psと24.9kgmを発生し、車両価格は495万円。

キャデラックから、久しぶりのブランニュー モデル「CTS」が発表されたのは2001年のフランクフルト モーターショー。それから約1年半、いよいよ日本にも導入されることになった。

ここのところ高級FFサルーンばかりを送り出していたキャデラックだが、今回のCTSはまったく違うクルマだ。そのスタイリングは、キャデラックの新しいデザインテーマ「アート & サイエンス」を具現化したという。全体的にエッジが効いていて、直線が効果的に用いられている。縦型ヘッドランプの目つきも鋭い。フロントの格子状グリルや伝統のエンブレムがなければ、キャデラックのクルマとは思えないだろう。

久しぶりの後輪駆動(FR)車だから、当然ながらプラットフォームも新開発で、「シグマ アーキテクチャー」と呼ばれるものが採用されている。エンジンは、ヨーロッパGMやオペルが採用していた3LのV6を3.2Lに拡大したものと、新開発の2.6L V6を設定。ちなみに、後者は日本やヨーロッパなどに向けたパワーユニットだ。トランスミッションは5速ATと、アメリカ車では珍しく5速MTも用意される。日本仕様にはどちらのエンジンも搭載されるが、トランスミッションは5速ATのみ。

エクステリアは独特のスタイリングだが、インテリアのデザインは比較的オーソドックスだ。ステアリングはウッドと本革のコンビ、ATのノブなどにもウッドパーツを用いているが、インパネまわりはプラスティッキーな印象が強く、あまり「キャデラック」らしくない。本革シートはホールド感も良くてスポーティだし、インパネまわりだけはもう少し頑張って欲しかったところだ。

画像: ステアリングやATノブにウッドパーツも採用しているが、インパネまわりは少し安っぽい印象。カーナビは標準装備。

ステアリングやATノブにウッドパーツも採用しているが、インパネまわりは少し安っぽい印象。カーナビは標準装備。

新開発の2.6L V6エンジンはレスポンシブで小気味良い。低速からトルクたっぷりというほどではないが、十分以上な厚みを感じさせる。5速ATはアメリカ車ゆえ、マニュアルモードなどは備わっていないが、スポーティセダンを謳うなら設定してもらいたいところ。もっとも、本国仕様には前述のようにMTも設定されている。前後席とも乗り心地は良く、静粛性も高い。

3.2Lは、2.6Lよりもさらにトルクフルだ。2.6Lでも十分だと思われたが、3.2Lに乗り換えるとアメリカ車らしい余裕が感じられた。キャデラック本来のイメージには、こちらのほうが合っているのかもしれない。

ニュルブルクリンクで走りを鍛えたというだけあって、ボディ剛性は高く、ハンドリングも思ったとおりのコーナリングラインをトレースできる。印象としては、アメリカ車というよりもドイツのスポーティセダンのようだ。そう思わせるということは、キャデラックの意図は成功しているのだろう。

CTSは、ヨーロッパのEセグメント、つまりメルセデス・ベンツ EクラスやBMW 5シリーズをターゲットに開発された。パフォーマンス的には互角ながら、車両価格はライバルよりも安い。アッパーミドルの輸入スポーティセダンで、人と違ったモデルを探しているなら、キャデラック CTSは良い選択かもしれない。

画像: リアコンビランプもヘッドランプに合わせて縦型のデザインとされる。トランクリッド後端にはハイマウントストップランプも内蔵。

リアコンビランプもヘッドランプに合わせて縦型のデザインとされる。トランクリッド後端にはハイマウントストップランプも内蔵。

■キャデラック CTS 3.2 主要諸元

●全長×全幅×全高:4850×1795×1460mm
●ホイールベース:2880mm
●車両重量:1660kg
●エンジン形式:V6・DOHC・FR
●排気量:3174cc
●最高出力:164kW(223ps)/6000rpm
●最大トルク:298Nm(30.4kgm)/3400rpm
●トランスミッション:5速AT
●タイヤ:225/50R17
●車両価格(当時):595万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.