今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代の輸入車ニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「サーブ 9-3スポーツセダン」だ。

サーブ 9-3スポーツセダン(2003年)

画像: 全長は先代と変わらないが、縦置きから横置きのFFに変更されたため、ホイールベースは70mm延長された。車高も10mm低くなった。

全長は先代と変わらないが、縦置きから横置きのFFに変更されたため、ホイールベースは70mm延長された。車高も10mm低くなった。

サーブは2000年にGMの完全子会社となった。したがって新型9-3は、より一層GM色が強くなっている。1998年に発表された初代9-3は、前身の「900」をビッグマイナーチェンジして名称変更したモデルだった。だが2代目の新型9-3は、フロントマスクこそサーブ伝統の顔つきだが、900から継承されていた3ドア/5ドア ハッチバックのボディスタイルをやめて、普通の4ドアセダンになってしまった。

日本では「スポーツセダン」という車名が与えられた。インポーターである日本ゼネラルモーターズが発表した新型9-3のラインアップは、エントリーグレードの「リニア 1.8t」、中核グレードの「アーク 2.0t」、そしてスポーティグレードの「エアロ 2.0t」が設定されるが、エアロ 2.0tのみ発売が遅れるため、今回はアーク 2.0tをメインに試乗した。

プラットフォームは、同じGMグループのオペル ベクトラと共有化された。4ドアセダンとなり、全長こそ従来型と同じだがホイールベースは70mm延長され、全幅は50mm広く全高は10mm低められた。いわゆるDセグメント セダンとしては少し大きいほうに属するだろう。航空機メーカーをルーツに持つサーブらしく、Cd値は0.28を実現するなど空気抵抗も少ないスタイリングだが、フロントマスク以外は個性に欠けるのが惜しまれる。

ドライバーオリエンテッドなインパネまわりは踏襲された。イグニッションのキーホールはセンターコンソールに配したり、夜間はスピードメーター以外の照明をオフにできるナイトパネルなど、サーブのアイデンティティも継承されている。

エンジンを縦置きから横置きに変更してホイールベースが延長されたことで、室内の居住性は向上した。とくにリアシートはフットスペースやショルダールームがかなり拡大されている。

画像: イグニッションキーホールはATゲートの手前にある。メーターは夜間はスピードのみの表示にすることも可能だ。ATはマニュアルモード付き。

イグニッションキーホールはATゲートの手前にある。メーターは夜間はスピードのみの表示にすることも可能だ。ATはマニュアルモード付き。

日本仕様のエンジンは、すべて2Lの直4 DOHCターボだが、グレードによってチューンが異なる。アーク 2.0tでは最高出力は175ps、最大トルクは27.0kgmを発生。トランスミッションはマニュアルモード付きの5速ATと組み合わされる。

ターボ付きだが、2000rpm以下でも最大トルクの90%を発生させるというエンジンの特性で、ターボを意識しない走りっぷりを見せる。スロットルレスポンスも良い。パワー的には十分以上ともいえ、気がつくとけっこうな速度に達していたりする。175ps仕様でこれなのだから、エアロ 2.0tの210psは相当速いに違いない。ちなみに、150psのリニア 1.8tにも少し乗ってみたが、これでもパワー的に不満はなかった。

乗り心地はけっこう硬めで、ドイツ車的な印象を受ける。そう、黙って乗せられたら(とくにリアシートに)、「ドイツのセダン?」と思う人が多いかもしれない。サーブがプレミアムセダンを目指して新型9-3を作り上げた結果だと思うのだが、スタイルを含めてサーブらしさが薄められてしまった。

サーブに乗っている人は、ドイツのセダンにはない「サムシング」を求めて手に入れた人が多いはず。それを考えると、サーブの行く末が少し心配になってしまう。(編集部註:2020年現在、サーブ オートモービルはNEVS社に買収され、サーブ ブランドは廃止されています)

画像: 900〜先代9-3とハッチバック ボディが伝統だったが、プレミアムセダンを目指してボディは普通の4ドアセダンになった。

900〜先代9-3とハッチバック ボディが伝統だったが、プレミアムセダンを目指してボディは普通の4ドアセダンになった。

■サーブ 9-3スポーツセダン アーク2.0t 主要諸元

●全長×全幅×全高:4635×1760×1465mm
●ホイールベース:2675mm
●車両重量:1480kg
●エンジン形式:直4・DOHCターボ・横置きFF
●排気量:1998cc
●最高出力:1295kW(175ps)/5200rpm
●最大トルク:265Nm(27.0kgm)/2200rpm
●トランスミッション:5速AT(マニュアルモード付き)
●タイヤ:215/55R16
●車両価格(当時):415万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.