毎年ゴールデンウィーク時期に開催、今年は延期となっていた『イタリア映画祭2020』がリアル上映&オンライン配信のハイブリット形式での開催が決定した。

名匠フェルザン・オズペテク監督作、エドアルド・レオの出演作も上映!

新型コロナウィルスの影響で延期となった「イタリア映画祭2020」は、時期を改めリアル上映&オンライン配信のハイブリット形式で11 月13 日~12 月20 日までの開催が決定した。
「日本におけるイタリア年」をきっかけに2001 年の春に始まり、毎年1 万人を超える観客が訪れる恒例イベントとなったイタリア映画祭は2020年で20 回目の節目を迎える。一時は完全中止が危ぶまれたが継続方法を模索しての開催が決定、当初予定していたプログラムは改められ、リアル上映作品の3タイトルが発表となった。

11月13日(金)、14日(土)で行われるリアル上映は、チケット販売は行わず無料での事前応募制となり、応募方法は映画祭公式サイトより確認ができる。トークイベントの開催も予定している。

画像: 『幸運の女神』

『幸運の女神』

リアル上映される3作のうち、『幸運の女神』は名匠フェルザン・オズペテク監督(『あしたのパスタはアルデンテ』)がステファノ・アッコルシ、エドアルド・レオ(『いつだってやめられる』三部作)、ジャズミン・トリンカ(『輝ける青春』『息子の部屋』)の豪華キャストを迎えたドラマ。トリンカが、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(イタリアのアカデミー賞)で主演女優賞に輝いた。

画像: 『オール・マイ・クレイジー・ラブ』

『オール・マイ・クレイジー・ラブ』

『オール・マイ・クレイジー・ラブ』はアカデミー賞受賞監督のガブリエーレ・サルヴァトーレス監督(『エーゲ海の天使』)が挑んだ奔放な父と自閉症の息子の愛情ほとばしるロードムービー。昨年のヴェネチア国際映画祭の特別招待作品に選ばれた。

そして、現在開催中の第15 回ローマ国際映画祭(10/15~25)のクロージング作品としてプレミア上映される話題作、ユーモラスな視点とウィットに富んだせりふを持ち味とするフランチェスコ・ブルーニ監督の最新作『きっと大丈夫』が早くも日本でお披露目となる。主演はキム・ロッシ・スチュアート(『家の鍵』)で、日本では久々の出演作となる。

オンライン上映は、11月20日~12月20日までの1カ月期間限定で開催。
ラインナップの詳細は追って発表となるが日本ではこの機会でしか観ることの出来ない、イタリアを代表する名優たちの出演作やコメディ作品、短編などバラエティに富んだ未公開作品のセレクトを目指している。作品情報や続報は、公式サイト&映画祭公式twitterで後日発信予定。

<リアル上映>
会期:2020年11 月13 日(金)、14 日(土)
場所:イタリア文化会館アニェッリホール(東京都千代田区九段南2丁目1−30)
料金:無料。イタリア映画祭公式HP から申込で抽選により当選。申込は11 月4 日まで。
<オンライン上映>
会期:2020年11 月20 日(金)~12 月20 日(日)。 ※詳細は11 月上旬(予定)に発表します
<主催>:イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ
<後援>:イタリア大使館 <協賛>:フェラガモ・ジャパン株式会社

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.