KTM 「1290スーパーアドベンチャーS」試乗インプレ(濱矢文夫)

画像: KTM 1290 SUPER ADVENTURE S 総排気量:1301cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒 メーカー希望小売価格:203万6100円

KTM 1290 SUPER ADVENTURE S
総排気量:1301cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
メーカー希望小売価格:203万6100円

スポーツライディングも視野に入れたポテンシャルを秘める

今や390からあるKTMアドベンチャーシリーズ、その堂々たる旗艦モデルがこの1290スーパーアドベンチャーだ。このモデルには2つのタイプ、前が21インチで後ろが18インチのワイヤスポークホイールを履いた“R”モデルと、前が19インチ、後ろが17インチのキャストホイールを履いた“S”モデルがある。このホイールサイズの違いでも分かるように、“R”は、KTMがこれまで数々の成功をおさめてきたオフロードレースのノウハウを注ぎ込んだものだ。

それでは、この“S”はどういうモデルなのかが気になるところだ。より小径キャストホイールによりオンロード向けのタイヤを履いていることから、“R”とは逆に舗装路をメインにしている…それは間違いではない。が、あちこち走り回って感じたのは、もっと大きく、自分たちが信じる究極のアドベンチャーモデルを目標にしたのではないかということ。

車名にある数字こそ1290であるが、水冷DOHC75度Vツインエンジンの実際の排気量は1301cc。これをクロームモリブデン鋼製チューブラースペースフレームに搭載している。23Lの燃料タンク容量も含んだボディに加え、試乗車には大きなパニアケースとトップケースが装着されており迫力満点。今まで新旧様々なオートバイに乗らせてもらってきたけれど、身長170cmと大きいとは言えない体型では、Uターンや狭い道でこの大きさを持て余すんじゃなかろうか? と思ったのがファーストインプレッションだった。

画像1: KTM 「1290スーパーアドベンチャーS」試乗インプレ(濱矢文夫)

ところが、エンジンをかけずにハンドルを掴んで押してみると意外なほど重くなくスルスルとタイヤが回転して動かすことができる。軽いとまではいかないけれど、見た目から予想した重さへの覚悟は拍子抜けだった。

跨るとVツインのメリットになるエンジンの横幅が狭いことに合わせたスリムなフレームもあって、ライダーの体が触れる部分が細身だ。シート高は低い状態にして860cmだが、リアサスペンションの初期動作が柔軟なのもあってか、数値より足つきが良い印象。

エンジンの特性が選べるライドモードが、スポーツ/ストリート/レイン/オフロードとあって、ハンドルのスイッチで遠隔設定可能な電子制御サスペンションのダンピングのモードも、スポーツ/ストリート/コンフォート/オフロードから選べる。だから足をもっと固め、エンジンのレスポンスも鋭いスポーティーな節度ある走りから、乗り心地を良くするために穏やかなエンジン特性と、当たりの柔らかいサスペンションでゆったり流して走る仕様まで好みによって乗り味を変更することが可能だ。

1290スーパーアドベンチャーSが持っている顔はひとつではなく、いろいろだ。それをライダーの、好みで簡単に選択できるのがミソだ。

画像2: KTM 「1290スーパーアドベンチャーS」試乗インプレ(濱矢文夫)

ダートを走る仕様の“R”は、220mmという本格的オフロードモデルなみのサスペンションストロークを持っている。それはさすがと思うけれど、よりストリート寄りの“S”でも20mm少ない200mmもある。よってエンジン特性や足廻りの設定をオフロードモードにすれば、このまま十分にダートも走れる。21&18インチホイールのオフロードマニアックなスーパーアドベンチャーRはある意味で使い方を割り切ったところがあるが、スーパーアドベンチャーSは本当の意味でいろいろな道で性能を発揮できるオールラウンダーを目指したものだといえる。

19&17インチという多くのアドベンチャーモデルが採用するオンとオフの中庸を狙ったホイールサイズながら、その振り幅が比較的大きいと感じられた。他よりもっとオフ、他よりもっとオンをしっかり走らせようとしている姿勢が見て取れた。ポジティブな意味でかなり欲張っている。

画像3: KTM 「1290スーパーアドベンチャーS」試乗インプレ(濱矢文夫)

ひとたびスロットルを大きく開けると、160PS(118KW)に140ニュートンメートルのトルクによる加速は胸のすく速さ。スーパースポーツを彷彿とさせるほど吹け上がりは鋭い。荷物を収めることができる大きな箱を3つも後ろに積んでいるから、セミアクティブサスペンションの調整をひとり乗りにしておくと、条件によってフロントの接地感が少し足りなく感じることがあった。そこでメーターの[モーターサイクル]→[LOAD]から[1人乗車+荷物あり]を選択すると落ち着いた。このように工具を使わずオートバイに乗ったままで、様々にセッティングできる。

実にKTMらしいところは、様々なシチュエーションでしっかり走れて、快適で、機能的なデュアルパーパスツアラーとしてきっちり作りながら、その乗り味と動きから他より断然スポーティーにするという意気込みが伝わってくること。同ブランドがいつも使っている有名な“READY TO RACE”のスローガンは、この大排気量アドベンチャーモデルにも当てはまる。とにもかくにもスポーツライディングが好きなライダーの心を憎いくらい刺激するのである。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.