ネガを洗い出す中でアップデートも盛り込む

この車両は、カワサキGPZ900R系列の扱いをメインとするマーベラスエンジニアリングによる、近作カスタム車だ。コンセプトは“A6カラー(GPZ900R A6純正の黒×金[エボニー×パールコスミックグレー]、通称『仏壇』)をオマージュし、かつ今の最新仕様を表現”というもの。その言葉の通りに、マーベラス代表・折目さんが常々言っている「自分のバイクとして愛着の湧くように」を他のマーベラス・カスタム同様にフルペイントによって表現する。

画像1: ネガを洗い出す中でアップデートも盛り込む

エンジンはGPZ900R系列後継のZRX1100に換装してヨシムラカムを組む。これは、既に年数が経ったエンジンにボアアップや各部チューニングを行っていく際にかかるコストと得られるパフォーマンスのバランスを考えた上で、換装の方が無理なくパンチとパワーが得られ、純正状態の信頼性もキープするとしての選択だ。

足まわりはゲイルスピード・アルミ鍛造ホイールの最新Type-EにオーリンズRWUフォーク/ウイリーステム&スイングアーム、ブレンボラジアルキャリパーに同フロントディスク。排気系はマーベラスが長年の経験を生かして作ったオリジナルのコニカルゴルディ・マフラーにシートもオリジナルと、今GPZ900Rに選べるベストを配した様相となっている。

そして驚くのは、この車両の素性というか、成り立ちかも知れない。フルカスタムを作ろうとしてショップに持ち込まれたのかと思いきや、最初はノーマルライクで、同店オリジナルのニンジャ系整備・点検メニュー“ニンジャドック”を受けるために入庫したという。説明しておくとこのニンジャドックは、冷却系やベアリングほか車体系など、折目さんが20年に及ぶショップ活動の中で見つけてきたニンジャの不調を見つけ、快調にするもの。多くの車両が復調してきた。今も予約が途切れないほどの人気メニューでもある。

画像2: ネガを洗い出す中でアップデートも盛り込む

この車両はニンジャドックを受けるうちにネガを出し、それをオーナーに報告し、改善の手段を伝えるとオーナーも快諾して……というようにカスタム面でのメニューが進んでいったという。当初の予定とは異なったが、カスタム化によって確かに愛着は高まるし、すべての部分を折目さんというプロが目を通した上でレストア的作業も施されているから、今後仕様変更を受ける際にも無理はない。その上で、次に手を入れるべきタイミングも明確化した。形こそ異なるものの、しっかりしたフルリフレッシュも行えたのだ。

マーベラスでは常々ニンジャに目を配り、自ら気になることをテストし、他では見られないようなオリジナルパーツ群を展開している。この車両にもそれらは使われている。そんなパーツ群も、快走ニンジャのヒントとして、ぜひ注目しておきたい。

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

Detailed Description 詳細説明

画像: ステムはウイリー製モノブロック(オフセット40→30mm)でハンドルは低めのパワービルダー製バーに。左右マスターはブレンボ。プロテック・シフトインジケーターやヨシムラ・プログレスメーターを追加、キー部分にはタゴス・FunKeyプロテクトシールも貼られる。

ステムはウイリー製モノブロック(オフセット40→30mm)でハンドルは低めのパワービルダー製バーに。左右マスターはブレンボ。プロテック・シフトインジケーターやヨシムラ・プログレスメーターを追加、キー部分にはタゴス・FunKeyプロテクトシールも貼られる。

画像: シートはスプリームシート・マーベラスSPで、ニンジャ純正同様のダックテール(最後部の跳ね上がり)や純正のタンデムベルトデザインも再現したこだわりの製品。シート形状も内部ウレタンも工夫され、オーナーに合わせる。

シートはスプリームシート・マーベラスSPで、ニンジャ純正同様のダックテール(最後部の跳ね上がり)や純正のタンデムベルトデザインも再現したこだわりの製品。シート形状も内部ウレタンも工夫され、オーナーに合わせる。

画像: エンジンはZRX1100(1062cc)に換装し、ヨシムラST-1カムをセット。状態が良いこともあり、入庫時のエンジンをスープアップするよりもローコストでパワーとパンチが高まるとしての選択。ライト改のために純正同等のライフも得られることになった。エンジンスライダーはアクティブのハイブリッドタイプ、キャブレターはFCRφ37mmでアンダーカウルはパワービルダー製だ。

エンジンはZRX1100(1062cc)に換装し、ヨシムラST-1カムをセット。状態が良いこともあり、入庫時のエンジンをスープアップするよりもローコストでパワーとパンチが高まるとしての選択。ライト改のために純正同等のライフも得られることになった。エンジンスライダーはアクティブのハイブリッドタイプ、キャブレターはFCRφ37mmでアンダーカウルはパワービルダー製だ。

画像: 3.50-17/6.00-17サイズのホイールはゲイルスピードTYPE-Eのファーストロット品。フロントフォークはオーリンズRWU(φ43mm)でウイリー製サポートを介してブレンボ・モノブロックキャリパーを装着。ブレーキディスクもブレンボ、ラインはアレーグリ製をチョイスした。

3.50-17/6.00-17サイズのホイールはゲイルスピードTYPE-Eのファーストロット品。フロントフォークはオーリンズRWU(φ43mm)でウイリー製サポートを介してブレンボ・モノブロックキャリパーを装着。ブレーキディスクもブレンボ、ラインはアレーグリ製をチョイスした。

画像: スイングアームはウイリー・5角目の字断面/ハイトコントロールでブラック仕上げ。ドライブチェーンはRKでスプロケットはサンスターだ。

スイングアームはウイリー・5角目の字断面/ハイトコントロールでブラック仕上げ。ドライブチェーンはRKでスプロケットはサンスターだ。

画像: リヤショックはオーリンズ・ピギーバックタイプにオクムラMEチューニングを施したもの。リザーバータンクはマーベラスのGPZ900R用オーリンズ・タンクステー(同店メタルエンブレムの貼られるパーツ)でスマートにマウントされる。

リヤショックはオーリンズ・ピギーバックタイプにオクムラMEチューニングを施したもの。リザーバータンクはマーベラスのGPZ900R用オーリンズ・タンクステー(同店メタルエンブレムの貼られるパーツ)でスマートにマウントされる。

画像: マフラーはスパイラルコレクターを持つマーベラス・コニカルゴルディフルチタン。リヤブレーキのマスターシリンダーは、ゲイルスピード・エラボレート。

マフラーはスパイラルコレクターを持つマーベラス・コニカルゴルディフルチタン。リヤブレーキのマスターシリンダーは、ゲイルスピード・エラボレート。

画像: ステップとダウンチューブはZRXエンジン搭載にも適するナイトロレーシングで、サイドカバー下部にはTAGOSヒールプロテクターを装着している。

ステップとダウンチューブはZRXエンジン搭載にも適するナイトロレーシングで、サイドカバー下部にはTAGOSヒールプロテクターを装着している。

取材協力:マーベラスエンジニアリング

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

画像: handl-mag.com
handl-mag.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.