2020年10月19日、ベントレー モーターズ ジャパンは、2020年9月にイギリス本国で発表された「ベントレー コンチネンタルGT マリナー」の日本での価格を発表した。デリバリーは2021年第3四半期以降を予定している。

世界最古の自動車用コーチビルダーが仕上げる

画像: 本国では2020年9月に発表されたコンチネンタルGT マリナー。

本国では2020年9月に発表されたコンチネンタルGT マリナー。

コンチネンタルGTは、ベントレーのラグジュアリークーペおよびコンバーチブルだ。初代は2003年に発表され、現行型は2017年にデビューした3代目にあたる。パワーユニットは6LのW12ツインターボと4LのV8ツインターボを搭載し、フルタイムで4輪を駆動する。

2020年9月、ベントレーのビスポーク(注文生産)部門であり、世界最古の自動車用コーチビルダーであるベントレーマリナーが、新型コンチネンタルGT マリナーを発表した。これは、ベントレーマリナーが設計と製造を担当する、究極のビスポーク ベントレーといえるモデルだ。

フロントにはダブルダイヤモンドのマトリックスグリルやクロームメッキのフェンダーベントが備わり、特注の22インチ アロイホイールも装着している。

画像: 3色の本革の組み合わせは8パターンが用意されている。

3色の本革の組み合わせは8パターンが用意されている。

インテリアでは3色の本革を組み合わせ、シートやドアトリムには「ダイヤモンド in ダイヤモンド」と呼ばれるキルティングを採用している。クルマ全体でキルティングには約40万針のステッチが入っているという。内外装に合わせたウッドパネルも豊富に設定されている。

ボディカラー、インテリアカラーの組み合わせ、ウッドパネルなどを選んでパーソナライズし、自分だけのベントレー コンチネンタルGTを仕立ててもらう。まさに究極のビスポーク モデルだ。

日本における車両価格(税込)は、以下のとおり。

コンチネンタルGT V8 マリナー:3347万3000円
コンチネンタルGT V8 マリナー コンバーチブル:3583万8000円
コンチネンタルGT マリナー:3443万円
コンチネンタルGT マリナー コンバーチブル:3705万9000円

日本へのデリバリーは、2021年第3四半期以降が予定されている。

画像: クーペとコンバーチブルの両方にマリナーが設定されている。

クーペとコンバーチブルの両方にマリナーが設定されている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.