全日本ロードレースの昼時間に、伊藤真一氏によるデモランが実現!

10月17、18日に栃木県のツインリンクもてぎで開催された「MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦」。レースレポートはもう少々お待ち頂くとして、ここでは18日(日)のお昼時間に行われた、ホンダCBR600RR 国内モデルのデモランの様子をお届けします!

9月25日に発売開始となったばかりの新型CBR600RRに乗るのは、「Keihin Honda Dream SI Racing」の伊藤真一監督。チームからはJSB1000クラスに2台と、ST1000クラスに1台がエントリーしているので、ライダーの手前、決勝前に下手な走りはできないタイミング。

そんな状況の中、観客に見守られながらフルコースを1周。「お客さんにサウンドを聞かせたいから全力で開けたんだよね。CBR600RRの音、良くない? 走っている方はすごい気持ちイイ音なんだよ」とは伊藤さん。

画像1: 全日本ロードレースの昼時間に、伊藤真一氏によるデモランが実現!
画像2: 全日本ロードレースの昼時間に、伊藤真一氏によるデモランが実現!
画像3: 全日本ロードレースの昼時間に、伊藤真一氏によるデモランが実現!
画像4: 全日本ロードレースの昼時間に、伊藤真一氏によるデモランが実現!

事前にも、ちょっとCBR600RRに乗った伊藤さんの一言インプレ!

※以下、伊藤真一さん

かなり久しぶりの600だったけど、スーパースポーツなのに“ちょうどイイ”感じがすごいね。ライダーフレンドリーっていうのかな? これならガソリンが無くなるまで走っていられるよ。ウイングはヨーの出方に影響があるかな。

600はCBR1000RR-Rをちょっとマイルドにした感じなんだけど、電子スロットルの感じは似ているし、スーパースポーツだけあって動きがしゃっきりしている。まぁ、その分サスペンションの調整とか、タイヤの内圧には気を配る必要があると思うけど。(今回の走行は、タイヤがダンロップのスポーツマックス・ロードスポーツ2、内圧は車両の指定値)

クイックシフターも悪くないし、前のモデルよりリアの接地感も増してる。車体の特性も違うんだろうね。あと、個人的には電子制御が進化したおかげで、エンジンブレーキの調整ができるのが良いよね。前のは難しかったから。これならサーキットはもちろんだけど、ツーリングにも最適だと思いますよ。

画像: 本田技研工業株式会社ものづくりセンターCBR600RR開発責任者/石川譲 氏(左から2番目)もデモ走行に駆け付け、新型CBR600RRの魅力を語った。

本田技研工業株式会社ものづくりセンターCBR600RR開発責任者/石川譲 氏(左から2番目)もデモ走行に駆け付け、新型CBR600RRの魅力を語った。

画像1: 事前にも、ちょっとCBR600RRに乗った伊藤さんの一言インプレ!
画像2: 事前にも、ちょっとCBR600RRに乗った伊藤さんの一言インプレ!

走行車両には、なにやら車載カメラも…??

余談ですが、デモ走行に使用したCBR600RRには2台の車載カメラが搭載されていました! この映像がいつどのタイミングで見られるのかは不明ですが、映像が気になります!

画像1: 走行車両には、なにやら車載カメラも…??
画像2: 走行車両には、なにやら車載カメラも…??

写真/中村浩史、福田 稔

新型CBR600RR 国内モデルを、初見で語ったときの様子

画像: 2021年型CBR600RR(量産試作車)と伊藤真一が初コンタクト! エンジン音も! youtu.be

2021年型CBR600RR(量産試作車)と伊藤真一が初コンタクト! エンジン音も!

youtu.be

レジェンドライダーがCBR1000RR-Rの魅力を語る、対談動画はコチラ!

画像: 伊藤真一 × 岡田忠之「プロ目線のCBR1000RR-R 特別対談 in鈴鹿サーキット」(テスト前日編) youtu.be

伊藤真一 × 岡田忠之「プロ目線のCBR1000RR-R 特別対談 in鈴鹿サーキット」(テスト前日編)

youtu.be
画像: 岡田忠之×伊藤真一「プロ目線のCBR1000RR-R 特別対談 in鈴鹿サーキット」(走行テスト編) youtu.be

岡田忠之×伊藤真一「プロ目線のCBR1000RR-R 特別対談 in鈴鹿サーキット」(走行テスト編)

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.