2019年カンヌ国際映画祭監督週間で上映され注⽬を浴びたフィンランド映画『DOGS DONʼT WEAR PANTS(原題)』が、邦題『ブレスレス』として2020年12⽉11⽇(⾦)より全国順次ロードショーすることが決定した。
画像: ⽩夜の街ヘルシンキで⽣まれた異色の純愛映画が12月公開

失意の中を⽣きてきた男と、痛みを与えることでしか⽣きられない⼥

本作は、北欧から届いた、呼吸も⽌まるくらいに美しい愛と再⽣の物語。死んだように⽣きていた⽇常からSMの世界に⾜を踏み⼊れ、次第に⾮⽇常の中でこそ⽣を⾒出していく男⼥の姿を描く。

妻を不慮の事故で失い、死んだように毎⽇を送っている外科医のユハ。救いを求めた先は、ふと迷い込んだSMクラブだった。喉元を締め付けられ、窒息⼨前の⽣死をさまよう中でだけ、妻と再会できるのだ。

失意の中を⽣きてきた男と、痛みを与えることでしか⽣きられない⼥。出会ってしまった⼆つの悲しみは、誰にも奪えない唯⼀無⼆の愛へと発展していく。

画像1: 失意の中を⽣きてきた男と、痛みを与えることでしか⽣きられない⼥
画像2: 失意の中を⽣きてきた男と、痛みを与えることでしか⽣きられない⼥

監督は、ユッカペッカ・ヴァルケアパー。前作『2⼈だけの世界』(2014年)が、ベネチア国際映画祭、トロント国際映画祭ほか、世界40カ国の映画祭で上映。本国フィンランド・アカデミー賞(ユッシ賞)で7部⾨にノミネートされ、作品賞と監督賞を含む4部⾨を受賞した、北欧を代表する気鋭の監督として注⽬を集めている。

本作では、研ぎ澄まされた光や⾊調の息をのむ映像と、⽣と死の世界を時間や⾳で表現する繊細な演出で、美しい愛と再⽣の物語を⾒事に描き出す。

主演のユハに、ゲイアートの先駆者でありフィンランドの国⺠的芸術家の半⽣を描いた『トム・オブ・フィンランド』でトムを演じたペッカ・ストラング。今回も妻を亡くして喪失感を抱え、死の淵でのみ⽣きる糧を⾒つける男という難役に挑む。

また、ドミナトリクス(⼥性の⽀配者)として⽣き、ユハとともに更なる危険な愛の領域へと⾜を踏み⼊れることになるモナを演じるのはクリスタ・コソネン。本作で名実ともに⼥優として⾶躍を遂げた。

今回解禁となるポスターは、ユハとモナの異質な愛の形が垣間⾒える写真をチョイス。神経が⾼揚するようなモナのSMルームの真っ⾚な照明が印象的。死と隣り合わせの窒息状態から解放され、⽣の快感を味わうユハ。2⼈の究極の純愛を感じさせるビジュアルだ。

ブレスレス
2020年12⽉11⽇(⾦)ヒューマントラストシネマ渋⾕他全国順次ロードショー
配給:ミッドシップ
©Helsinki-filmi Oy 2019

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.