ローダウンとミニマル化を全身で進める

2017年から展開し、先頃マイナーチェンジしたホンダ・レブル。’85年登場の初代以来のコンセプトであるロング&ロースタイルは、アメリカンを思わせながらもそこにとどまらず、ジャンルレスとでも言うべきポジションを獲得している。

一方で690mm(現行)という超低シート高も、跨がることや乗ることを苦にしない気軽さを身につけた。バイクという趣味やジャンルさえも取っ払ってしまったとも言えるほど。

画像1: ローダウンとミニマル化を全身で進める

こうした背景からか老若男女、あらゆる世代から大きな支持を得ているが、まさにレブル(REBEL)=反逆、勝手にやらせろという意味を体現しているようだ。

そんなレブルに自社製/自社扱い輸入パーツを装着してまとめたのが、デイトナによるこの車両だ。ドイツ・ハイサイダー製バーエンドミラーや超小型“アポロブレット”ウインカーはその筆頭。ストレートなドラッグバー(ハンドル)は6インチライザー(参考製品)で約15cm上げられ、20mmローダウンするリヤショックとでレブル本来のイージー感を強めている。

画像2: ローダウンとミニマル化を全身で進める

ノーマルではフラット仕上げのシートに被せて表情を持たせる前後のシートカバーもいよいよ発売され、エンド部を切削加工してワイルド感も見せるスリップオンのメガホンマフラーなどの開発中パーツ群も魅力的。

一見、大きな変更はないようなのに、すみずみまでオリジナル感はたっぷり。レブルというベースの持つジャンルレス感をより高めながら、ミニマルな手法でカスタムという手法の自由さも表現することに成功しているのだ。

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

Detailed Description 詳細説明

画像: 超小型のHIGHSIDERウインカー・アポロブレット。ここではデイトナ・マルチフォーククランプによって、フロントフォークにマウントしている。

超小型のHIGHSIDERウインカー・アポロブレット。ここではデイトナ・マルチフォーククランプによって、フロントフォークにマウントしている。

画像: 6インチ(約153mm)ライザーは参考装着品でドラッグバーをセット。センタークランプに置かれる角型デジタルメーターも開発中のアイテムだ。

6インチ(約153mm)ライザーは参考装着品でドラッグバーをセット。センタークランプに置かれる角型デジタルメーターも開発中のアイテムだ。

画像: ミラーはHIGHSIDERバーエンドミラー ウェーブ(本体)で同アダプターを介して装着。フロントカウルはホンダの純正オプション品。

ミラーはHIGHSIDERバーエンドミラー ウェーブ(本体)で同アダプターを介して装着。フロントカウルはホンダの純正オプション品。

画像: 前後シートに被せてタックロール調にできるシートカバー(シートカバーセット ロール[サイド部プレーン])は、この夏発売予定の新製品だ。

前後シートに被せてタックロール調にできるシートカバー(シートカバーセット ロール[サイド部プレーン])は、この夏発売予定の新製品だ。

画像: エンジン前左右にベースパイプとともに装着してフォワードステップ的なルックスも得る、エンジンスライダーは開発中。

エンジン前左右にベースパイプとともに装着してフォワードステップ的なルックスも得る、エンジンスライダーは開発中。

画像: 着色した後で切削加工を施してシャープなカラー対比を見せるアルミエンドを持つ、スリップオン・メガホンマフラーも現在開発中というアイテムだ。

着色した後で切削加工を施してシャープなカラー対比を見せるアルミエンドを持つ、スリップオン・メガホンマフラーも現在開発中というアイテムだ。

画像: 約20mm車高が下がるローダウンリアショック・ブラック・ヤマハSR/ホンダREBEL用は、レブルの安定性を高めてくれる。

約20mm車高が下がるローダウンリアショック・ブラック・ヤマハSR/ホンダREBEL用は、レブルの安定性を高めてくれる。

画像: エンド部をすっきりさせるナンバープレートホルダーも開発中。左右に付くのはハイサイダー製テールランプ一体リヤウインカーだ。

エンド部をすっきりさせるナンバープレートホルダーも開発中。左右に付くのはハイサイダー製テールランプ一体リヤウインカーだ。

取材協力:デイトナ

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

画像: handl-mag.com
handl-mag.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.