現代バイクカスタムの見本となるような構成

空冷カタナを上質なコンプリートとして仕立てたテクニカルガレージRUNの“フルメタル・ハガネ”。同店代表、杉本さんはスズキKATANAもその発表直後から、同様のプロセスを踏んだ“新・ハガネ”の製作を公言していた。2020年春、ついに仕上がったのがこの車両。

画像1: 現代バイクカスタムの見本となるような構成

「コンセプトは空冷ハガネの時と同じで、ノーマルで足りないと思えたところ、違和感のあるところをなくして、もっといいバイクにすること。KATANAではポジションを適正にしてきちんと車体に荷重できるように。視覚も含め、リヤまわりの重さを解消する。

そして車検適合のフルエキゾーストを付けて、伸びやかさと軽さを出す。あと純正タイヤがちょっと固い感じだから、これも履き替えておきたかった」と、杉本さん。

まず杉本さんがノーマルKATANAにとにかく乗って、いい素性のバイクであることを再確認。ただ、自身が重要視する着座位置/ハンドル位置/ステップ位置。それらが形作る三角形が微妙で車体に荷重をかけにくかったので、そこをチューニングする。

画像2: 現代バイクカスタムの見本となるような構成

具体的にはノーマルのハンドルバーを使いながらライザーで位置をやや上げ、手前に引く設定としたトップブリッジ。そしてわずかに位置を後退させてコントロール性を高めたステップキット(乗っていて、ステップワーク以外で踏み換える必要がないほどに決まる)を新作。シートは着座部分の角度を変えて、自然なポジションを作り上げた。この3点(それぞれ単品販売を始めている)によって一気に、乗りたくなる、快適という感覚が高まった。

足まわりはオーリンズ製フロントフォーク&リヤショックにマルケジーニ・アルミ鍛造ホイール、ブレンボレーシングキャリパー&マスターの組み合わせ。

「いつものRUNパッケージだけれど、この組み合わせならこういう仕上がりになる、と分かるから使うんです」と杉本さん。サスも杉本仕様でオールラウンド性能を狙ったセッティングを施して、氏と付き合いの深いMotoGPライダー・青木宣篤さんに街中を乗ってもらい、そのサスペンションのみならず上々な仕上がりの評価を受けたという。タイヤも純正の固さを和らげたいとブリヂストンRS11に変更した。

動力系のチューニングはケイファクトリーCLR-RG+/ヘキサゴンサイレンサーへの変更のみ。だが、下から自然に吹き上がる特性や上質な音量はエンジン本体に手を入れなくても十分な扱いやすさを持たらしてくれた。

デザインのバイクと言われるKATANA。その素性を新車の販売やその講習で、そして自ら乗って理解した上で、不足と感じられた部分を補い、杉本さんのほしい状態をプラスしたシン・ハガネ。乗ってみれば唐突感や違和感の全くない、まさに上質という言葉の似合う動きとルックスで仕上がっている。そしてこのパッケージは、ライダーへのなじみが非常に良く、“上質は楽しさ”さえ具体化している。KATANAという車種の枠を超えて、現代バイクに手を入れる見本となる1台と言っていいだろう。

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

Detailed Description 詳細説明

画像: ノーマルより15cm長いバイザースクリーンとベースのカーボン部(綾織りカーボン)は、マジカルレーシングのKATANA用新作を装着している。

ノーマルより15cm長いバイザースクリーンとベースのカーボン部(綾織りカーボン)は、マジカルレーシングのKATANA用新作を装着している。

画像: ライザーでハンドル位置をやや高くし手前に引いたことでハンドルポジションを自然にし、前方視界も開けるTG-RUNトップブリッジはすでに市販化(7万2000円+税/ノーマルフォークにも対応)。オーリンズ・フロントフォークも付くステアリングステムキット(19万円+税)の設定もある。フロントブレーキマスターはブレンボレーシング、クラッチホルダーはゲイルスピードを使う。

ライザーでハンドル位置をやや高くし手前に引いたことでハンドルポジションを自然にし、前方視界も開けるTG-RUNトップブリッジはすでに市販化(7万2000円+税/ノーマルフォークにも対応)。オーリンズ・フロントフォークも付くステアリングステムキット(19万円+税)の設定もある。フロントブレーキマスターはブレンボレーシング、クラッチホルダーはゲイルスピードを使う。

画像: 表皮とインナーフォームを変え、コントロール性と足着き、快適性を大幅に向上させたオリジナルシート。これも後に市販されたもの(TG-RUN スポーツ&コンフォートシート/4万円+税)。ベースとなるシート持ち込みで表皮の種類やカラーもオーダー可能となっている。

表皮とインナーフォームを変え、コントロール性と足着き、快適性を大幅に向上させたオリジナルシート。これも後に市販されたもの(TG-RUN スポーツ&コンフォートシート/4万円+税)。ベースとなるシート持ち込みで表皮の種類やカラーもオーダー可能となっている。

画像: フェンダーレスキットはTG-RUNのワンオフ品。テールカウルも含めたボディは刀身を思わせるように“ハガネシルバー”で、同店デモバイクとしても知られるGSX1100Sフルメタル・ハガネ同様に、アラタカデザインがペイントしている。

フェンダーレスキットはTG-RUNのワンオフ品。テールカウルも含めたボディは刀身を思わせるように“ハガネシルバー”で、同店デモバイクとしても知られるGSX1100Sフルメタル・ハガネ同様に、アラタカデザインがペイントしている。

画像: 5ポジションで車両との一体感やホールド感が高められるTG-RUNライディングステップKITは6万5000円+税で販売中。

5ポジションで車両との一体感やホールド感が高められるTG-RUNライディングステップKITは6万5000円+税で販売中。

画像: エンジン/フレームはノーマルで、ラジエーターコアガードやフレームスライダーなどの必要最小限パーツのみが追加されている。

エンジン/フレームはノーマルで、ラジエーターコアガードやフレームスライダーなどの必要最小限パーツのみが追加されている。

画像: 動力系のチューニングとしては、ケイファクトリー・チタンEX(CLG-RL・ヘキサゴナルサイレンサー仕様/政府認証)を特注のハガネカラーで装着するのみだが、これで上質で乗りやすい特性が得られている。もちろん、車体全体の軽量化にもつながった。

動力系のチューニングとしては、ケイファクトリー・チタンEX(CLG-RL・ヘキサゴナルサイレンサー仕様/政府認証)を特注のハガネカラーで装着するのみだが、これで上質で乗りやすい特性が得られている。もちろん、車体全体の軽量化にもつながった。

画像: フロントまわりは、オーリンズ倒立フォークにブレンボレーシング4Pキャリパー/サンスターディスクを組み合わせる。ボルト類はベータチタニウム製の64チタンに置換した。

フロントまわりは、オーリンズ倒立フォークにブレンボレーシング4Pキャリパー/サンスターディスクを組み合わせる。ボルト類はベータチタニウム製の64チタンに置換した。

画像: 3.50-17/6.00-17サイズのアルミ鍛造ホイールはマルケジーニM7RS特注のメタル=ハガネシルバー。前後のカーボンフェンダーとチェーンガードはマジカルレーシング製。リヤサスはオーリンズでリンクはノーマル。ドライブチェーンはRKでサイズは520としている。

3.50-17/6.00-17サイズのアルミ鍛造ホイールはマルケジーニM7RS特注のメタル=ハガネシルバー。前後のカーボンフェンダーとチェーンガードはマジカルレーシング製。リヤサスはオーリンズでリンクはノーマル。ドライブチェーンはRKでサイズは520としている。

取材協力:テクニカルガレージRUN

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

画像: handl-mag.com
handl-mag.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.