本国フランスで40万人を動員した大ヒット裁判サスペンス『Une intime conviction』が日本語タイトル『私は確信する』として2021年2月12日(金)より全国順次公開されることが決定した。
画像: ヒッチコック狂の“完全犯罪”と物議を醸した未解決事件が映画に

本国フランスで「裁判映画の傑作」とメディアが絶賛

本作は、ヒッチコック狂による“完全犯罪”とメディアや世間を騒がせた、フランスで実際に起こった“ヴィギエ事件”の映画化作品。

2000年2月、スザンヌ・ヴィギエは3人の子供たちを残して忽然と姿を消した。殺害されたと思われる数々の証言や疑惑によって、夫である大学教授のジャックが容疑者として裁判にかけられる。

彼の無実を確信するシングルマザーのノラは、敏腕弁護士デュポン=モレッティに事件の弁護を懇願。そして自らアシスタントとなり、真実を探す。刑事、ベビーシッター、スザンヌの愛人らの食い違う証言。嘘をついているのは果たして誰なのか…。

画像: 本国フランスで「裁判映画の傑作」とメディアが絶賛

裁判と事件の調査が同時進行で描かれ、映像と音を効果的に使った演出で、スリリングかつ緊迫感溢れる展開には思わず呼吸を忘れるほど。本国フランスでは「息をのむ展開に目が離せないサスペンス」(マリアンヌ誌)「裁判映画の傑作」(プレミア誌)と、多くのメディアが絶賛した。

フランスを代表する実力派の役者陣が、正義を追い求める姿を見事に熱演。実在の敏腕弁護士デュポン=モレッティに、ダルデンヌ兄弟の『息子のまなざし』などで知られるフランスの名優オリヴィエ・グルメ。

ヒロインのノラ役には、フランスではコメディエンヌとしても人気の高い演技派マリーナ・フォイス。相棒でありながらも、時に対立する二人の迫真の演技バトルは、人間同士の魂のぶつかり合いをリアルに感じさせる。

私は確信する
2021年2月12日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
配給:セテラ・インターナショナル
©Delante Productions - Photo Séverine BRIGEOT

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.