2020年10月15日、ルノー・ジャポンは第5世代にフルモデルチェンジしたルーテシアを11月6日から販売すると発表した。

日本仕様は3つのグレードでスタート

画像: ルノーモデルに共通の特徴的なフロントマスクが与えられた。

ルノーモデルに共通の特徴的なフロントマスクが与えられた。

ルーテシア(本国名:クリオ)は、ルノーのBセグメント ハッチバックだ。1990年に初代が登場して以来、シリーズ累計で1500万台を販売し、これまでに2度も欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得している。

新型ルーテシアのエクステリア デザインは、モダンで表現力豊かなものだ。ボンネットには彫刻を思わせる直線のプレスラインが入り、グリルはより大きくなった。フロントバンパー両端のエアディフレクターは空気抵抗を抑え、燃費を向上させながらフロントマスクをワイドかつ低く印象づける。

先代モデルの流れるようなフォルムを継承しつつ、クロームのパーツがボディサイドの知覚品質を高めている。リアゲートとバンパーは一体化されて、頑丈さを印象づけている。

ヘッドランプは100%LED化され、Cシェイプのデイタイムランプも装備。リアコンビランプもCシェイプのデザインを採用している。

画像: 人間工学に基づき、広く、機能的で、高い知覚品質により「革命」と言えるほど進化したインテリア。

人間工学に基づき、広く、機能的で、高い知覚品質により「革命」と言えるほど進化したインテリア。

インテリアは、波のような曲線と水平基調の造形を取り入れたダッシュボードに、人間工学に基づいてドライバー側に傾けられたコクピットまわりやセンターコンソールなど、運転に集中できる環境を作り出している。レザーステアリングはセンターパッドを小型化してメーター類の視認性を高めている。

また、従来までのアナログディスプレイに代えて、7インチのデジタルインストルメントパネルを採用している。スマートフォンとのミラーリングや、車両のカスタマイズができるルノー マルチセンスに対応する7インチのタッチスクリーンも備えている。

フロントシートは形状が見直され、サポート性を向上させている。ラゲッジスペースも、先代の330Lからクラス最大級の391Lに拡大されている。

画像: ルノー/日産/三菱のアライアンスで開発された、1.3Lの直噴ターボエンジン。

ルノー/日産/三菱のアライアンスで開発された、1.3Lの直噴ターボエンジン。

パワーユニットは、ルノー/日産/三菱のアライアンスで開発された、1.3Lの直噴ターボエンジンを搭載。最高出力は131ps、最大トルクは240Nmを発生し、パドルシフト付きの7速DCTと組み合わされる。あらゆるシーンで、爽快で余裕のある質の高い走りをもたらしながら、WLTCモード燃費は17.0km/Lを達成している。

グレードにもよるが、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)やハイウエイ&トラフィックジャムアシスト、レーンセンタリングアシストなどの先進の運転支援システムや、アクティブエマージェンシーブレーキやブラインドスポットワーニングなど、予防安全技術も充実している。

日本仕様は、装備の違いにより、ゼン(受注生産)、インテンス、インテンス テックパックの3グレードを設定。車両価格(税込み)は、以下のとおり。ハンドル位置は、右のみ。

ゼン:236万9000円
インテンス:256万9000円
インテンス テックパック:276万9000円

画像: リアゲートとバンパーは一体化されて、頑丈さを印象づけている。

リアゲートとバンパーは一体化されて、頑丈さを印象づけている。

ルノー ルーテシア インテンス 主要諸元

●全長×全幅×全高:4075×1725×1470mm
●ホイールベース:2585mm
●重量:1200kg
●エンジン形式:直4 DOHCターボ
●排気量:1333cc
●最高出力:96kW<131ps>/5000rpm
●最大トルク:240Nm<24.5kgm>/1600rpm
●トランスミッション:7速DCT
●WLTCモード燃費:17.0km/L
●タイヤサイズ:205/45R17
●税込み車両価格:256万9000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.