2020年10月15日、三菱自動車は12月に発売を予定している新型エクリプスクロスの予約注文を開始すると発表した。

デザインをリファイン、スパルタンなイメージ強調

画像: フロントのダイナミックシールドは進化したデザインとなり、ランプ類のレイアウトも変更され、精悍な顔つきになった。

フロントのダイナミックシールドは進化したデザインとなり、ランプ類のレイアウトも変更され、精悍な顔つきになった。

エクリプスクロスは、クーペスタイルのクロスオーバーSUVだ。現行型が初代で2017年に発売され、日本だけでなくグローバルで好評を博している。今回は新型といってもビッグマイナーチェンジにあたるだろう。

まず、前後のデザインが変更された。フロントのデザインコンセプト「ダイナミックシールド」は、より進化してランプ類のレイアウト変更により、より精悍でスポーティな表情となった。バンパー下部にはアンダーガード風のガーニッシュを採用し、SUVらしい力強さを表現している。

リアウインドーは従来型のダブルガラスからシングルガラスに変更され、より洗練されたスタイリッシュなフォルムを実現しながら、良好な後方視界を確保している。三方向に伸びる立体的なデザインのリアコンビランプは、ひと目でエクリプスクロスと分かる独自性を持たせている。クロカン4WDの背面装着スペアタイヤからインスパイアされた六角形のモチーフも特徴的だ。

インテリアはブラック基調で、エンボス加工のスエード調素材と合成皮革のコンビネーションシートを上級グレードに採用。オプション設定の本革シートは、ブラックに加えてライトグレーを新設定。ドアトリムも同色でコーディネートして、上質でスポーティな空間とした。また、ラゲッジスペースを拡大してSUVとしての使い勝手を高めている。

画像: ブラック基調のインテリア。オプションの本革シートには写真のライトグレーを新設定し、ドアトリムもカラーコーディネートされる。

ブラック基調のインテリア。オプションの本革シートには写真のライトグレーを新設定し、ドアトリムもカラーコーディネートされる。

今回、新設定されたPHEVはアウトランダーPHEVで実績のあるツインモーター4WD方式をエクリプスクロスに最適化させて搭載。2.4LのMIVECエンジンと前後1基ずつの高出力モーター、そして大容量の駆動用バッテリーなどで、電動車ならではの力強く静かな加速と、軽快感と安心感のある走りを実現している。

アウトランダーPHEV同様、EV走行モード/シリーズ走行モード/パラレル走行モードの3つのモードは、走行状況に応じて自動で切り替える。また、最大1500WのAC100V電源で電力供給も可能で、アウトドアレジャーや非常時の電力源となる。満タン・満充電の状態なら、一般家庭の最大約10日分に相当する電力を供給できる。

ガソリンモデル、PHEVモデルとも乗り心地や静粛性を向上させ、ガソリンモデルは電子制御4WDをベースにAYCやABS & ASCを協調制御させるS-AWCを採用。PHEVモデルはツインモーター4WDをベースとしたS-AWCを採用。いずれも高い四輪制御技術により、優れた操縦安定性を実現している。

新型エクリプスクロスは、2020年12月に発売予定。現段階では詳細なスペックは発表されていないが、車両価格(税込み)は、ガソリンモデルは約255万円〜約335万円、PHEVモデルは約385万円〜約450万円となっている。発売までの期間にPHEVモデルを予約注文すると、4種類の選べるオプションプレゼントも用意されている。

詳細は、新型エクリプスクロスのスペシャルサイトを参考にされたい。年内にSUVの購入を検討している人は、新型エクリプスクロスの発表を待ってみるのもアリかもしれない。

画像: 特徴的だったリアウインドーのダブルガラスはシングルガラスに変更された。リアバンパー下もアンダーガード風ガーニッシュを装着。

特徴的だったリアウインドーのダブルガラスはシングルガラスに変更された。リアバンパー下もアンダーガード風ガーニッシュを装着。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.