日本映画界の鬼才監督らが立ち上げた映画レーベル「Cinema Lab(シネマラボ) 」第1弾の『ビューティフルドリーマー』が、都内の赤城神社にてヒット祈願を行った。

11月6日(金)より公開の映画『ビューティフルドリーマー』は、押井守氏の脚本「夢みる人」を本広克行氏が実写映像化したメガホン作。小川紗良、神尾楓珠らをはじめとし、映画初出演となる日本発世界で最強に活躍するコスプレーヤー伊織もえに、同じく映画初出演恐ろしく美しい元自衛官のかざり、池田純矢、飯島寛騎、“日本一かわいい女子高生”福田愛依らが出演している。

本作は、先勝美術大学映画研究会に代々伝わる、“撮ろうとすると、必ず恐ろしいことが起こる”といわれる作品、『夢みる人』。
映画を撮った経験などまったくない映研メンバーの前には、トラブルが次々と待ちうける。映画という“夢”を創るため、集い、協力し、すべてをかける青春の姿。撮影という熱狂と興奮の中、恋と友情が交錯し、終わりなき“祭”は未来に向かって永遠に続いていく…。

ヒット祈願に参加したのは、本広克行監督、主演の小川紗良、藤谷理子、神尾楓珠、内田倭史、ヒロシエリ、伊織もえ、かざり、秋元才加、池田純矢、福田愛依。
キャストらは、劇中での衣裳(祈祷時には秋元以外ジャンパー着用)で出席。

画像1: 映画『ビューティフルドリーマー』赤城神社でヒット祈願!本広監督、小川紗良、神尾楓珠ら参加
画像2: 映画『ビューティフルドリーマー』赤城神社でヒット祈願!本広監督、小川紗良、神尾楓珠ら参加

ヒット祈願

劇中にて巫女衣裳を着て演じている秋元才加が、神殿前に歩み出て、玉串を本広監督、小川紗良、製作委員会の代表者3名に手渡し、小川らは、玉串を奉納した。

画像1: ヒット祈願
画像2: ヒット祈願

祈願を終えて

小川紗良「もういよいよ11月6日に公開なので、また新たに気を引き締めて公開を楽しみにしたいなと思っています」

画像1: 祈願を終えて

秋元才加「大変な時期にこれだけの方が来てくださっていろんなメディアで取り上げていただけるんだなというのがすごくありがたいなと思うのと同時に、私のこのカツラと巫女の衣裳がたくさんの方の目に触れるんだな思うとなかなか難しい気持ちになるんですけど、本当に神聖なヒット祈願の玉串奉奠(たまぐしほうてん)のお手伝いをさせていただいて、とても光栄に思っております」

画像2: 祈願を終えて

いまの心境

藤谷理子「撮影以来、キャストのみなさんとこうやって会えたのはうれしいなと思います」

画像1: いまの心境

神尾楓珠「僕らが悩みながら毎シーン、毎シーン作っていった映画なのでそれがようやくみなさんのもとに届くんだなと思って感慨深いなという気持ちです」

画像2: いまの心境

内田倭史「これだけ多くの人が集まって、その力を結集して、さらに神様のお力もお借りして映画が公開できることをすごくうれしく思います」

画像3: いまの心境

ヒロシエリ「ヒット祈願をしていただいたということは、ヒットするということだと思うので、とてもワクワクしています」

画像4: いまの心境

伊織もえ「今回こうやってヒット祈願にお邪魔させていただいて、神聖な空気だったりを吸って素晴らしい体験をさせていただきました、ありがとうございます」

画像5: いまの心境

かざり「初めまして、元自衛官でタレントのかざりと申します。ちょっと元自衛官としては夢見がちなところがあったんですけど、そんな夢がいっぱい詰まった映画だと思うので皆さん楽しみにしていてください」

画像6: いまの心境

池田純矢「今回劇中で、僕スカイダイビングを飛んだんですけど、日本一高いという6,000フィートの高さから。その時に同意書みたいなものを書くんですけど、そこに平たく言うと死んでも文句言いませんみたいな、池田純矢とサインするんですけど、名実ともにこの作品に命を懸けたんだなということで、そんな素晴らしい作品になっている、僕の命が懸かってますからね、ヒットしてもらわないと困るなと思います」

画像7: いまの心境

福田愛依「おはようございます!長編映画に役名で出演させていただくことが初めてで、こんな素敵なヒット祈願に参加させていただけることを光栄に思います、ありがとうございます」

画像8: いまの心境

見どころ

本広克行監督「今までの映画と作り方を変えてまして、役者さんから出てくるエネルギーを全部収録していくっていうやり方をやりたかったので、シネマラボというレーベルを作らせていただいて「シネマラボ」第1弾『ビューティフルドリーマー』という風に作った実験的な作品です。すごくいい青春の物語になったと思いますので、ぜひ観てください」

画像: 見どころ

STORY

翌日にせまった文化祭の準備に追われ、先勝美術大学の校内は、学生たちの熱気と喧騒に包まれていた。 そんな中、例年通り文化祭で展示も発表もしない映画研究会の部室だけは、いつもと同じように、まったりとした時間が流れていた。しかしその朝「部室の片隅に何かある」という不思議な夢を見たサラ(小川紗良)は、本当に古い段ボール箱を見つけてしまった!その中には古い脚本と演出ノート、1本の16mmフィルムが入っていた。そのタイトルは「夢みる人」。さっそく映写してみるが、なぜかその映画は未完のままだった。そこにふらりと表れたOBのタクミ先輩(斎藤工)は、彼らに「これは撮ろうとすると必ず何か恐ろしいことが起こる、OB達の間ではいわくつきの映画だ」と告げる。しかしこの映画にすっかり魅せられたサラは「これ、私たちでやってみない?」と部員たちに猛アピール。監督はサラが担い、プロデューサーはリコ(藤谷理子)、撮影はカミオ(神尾楓珠)、 録音にウチダ(内田倭史)、衣裳とメイクはシエリ(ヒロシエリ)、助監督とその他雑用をモリタ(森田甘路)が担当し、一致団結してはじめての映画制作への挑戦が始まるが、部員たちは次々に予期せぬ困難やトラブルに見舞われる。やがて、資金は底をつき、準備していたクラウドファンディングも大失敗。。この脚本は本当に呪われているのか? この終わりなきトラブルに出口はあるのか!?
映画研究会の映画制作という“祭 はまだ始まったばかりだった!

映画『ビューティフルドリーマー』

2020年11月6日(金)テアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほかにて全国順次公開

【出演】 小川紗良 藤谷理子 神尾楓珠 内田倭史 ヒロシエリ 森田甘路 伊織もえ  かざり  斎藤工 秋元才加 池田純矢 飯島寛騎 福田愛依 本保佳音 瀧川英次 齋藤潤 田部文珠香 升毅

監督:本広克行 
原案:押井守『夢みる人』 
脚本:守口悠介 

配給:エイベックス・ピクチャーズ 
製作:映画「ビューティフルドリーマー」
製作委員会 エイベックス・ピクチャーズ
Production I.G 清栄コーポレーション ポニーキャニオン

© 2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.