初めてのライディングブーツとしてもおすすめしたい「サイドゴアブーツ」の魅力を紹介

一時期ブーツにハマった時期がありまして、下駄箱だけでなく部屋中ブーツだらけになったことのあるwebオートバイ編集部・西野です。

定番のエンジニアブーツ、ごつくて山歩きもできるマウンテンブーツ、おしゃれなウエスタンブーツ、シューレースタイプのさまざまなワークブーツなど、いろいろ履きました。

本革製でソール交換ができるものなら、何年も履くことができます。なので、僕が10年ほど前に買ったこれらのブーツはいまだ現役です。

さて、そんななか、もっとも高い頻度で履いていたのがサイドゴアブーツです。

革製品を得意とする二輪用品メーカーのデグナーから登場した新製品を見ながら、その魅力を解説しましょう。

画像: デグナー「HS-B13 サイドゴア レザーブーツ」

デグナー「HS-B13 サイドゴア レザーブーツ」

サイドゴアというのは、足首の両サイドにゴム素材が採用されているのが特徴です。

これのおかげで、ものすごく脱ぎ履きがしやすい! 急いで家を出るときなど、パッとサイドゴアを選んでしまいます。

画像1: 初めてのライディングブーツとしてもおすすめしたい「サイドゴアブーツ」の魅力を紹介

さて、このデグナーのブーツですが、素材は牛革を採用しています。ご覧の通り、高級感あふれるたたずまい。バイクに乗る日だけでなく、普段から使えるのはもちろん多少のフォーマルさが求められるシーンでも活躍するでしょう。

画像2: 初めてのライディングブーツとしてもおすすめしたい「サイドゴアブーツ」の魅力を紹介

バイクに乗ることを想定し、つま先にはシフトガードが備わっています。そして、ソールはグリップ力の高いタンクソールを採用。

画像3: 初めてのライディングブーツとしてもおすすめしたい「サイドゴアブーツ」の魅力を紹介

サイドゴアブーツを選ぶ際は、バイクで使用するなら、ソールを気にしてみてください。クレープソールと呼ばれる白いつるんとしたタイプも数多くあります。このデグナー製品のようにグリップ力が高いものを選ぶのが大切です。

こちらの価格は税込21780円。カラーはブラックとブラウンが用意されています。

まとめ:西野鉄兵

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

画像1: バイク用ブーツを〈楽さ〉で選ぶなら「サイドゴア」は有力! 脱ぎ履きしやすく歩きやすい、普段履きもできる優れもの

2色のカラー、お好きな方をポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像2: バイク用ブーツを〈楽さ〉で選ぶなら「サイドゴア」は有力! 脱ぎ履きしやすく歩きやすい、普段履きもできる優れもの
    ブラック
  • 画像3: バイク用ブーツを〈楽さ〉で選ぶなら「サイドゴア」は有力! 脱ぎ履きしやすく歩きやすい、普段履きもできる優れもの
    ブラウン
  • 画像4: バイク用ブーツを〈楽さ〉で選ぶなら「サイドゴア」は有力! 脱ぎ履きしやすく歩きやすい、普段履きもできる優れもの
    ブラック
    52
    146
  • 画像5: バイク用ブーツを〈楽さ〉で選ぶなら「サイドゴア」は有力! 脱ぎ履きしやすく歩きやすい、普段履きもできる優れもの
    ブラウン
    48
    136

投票ありがとうございました!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.