ロッシやビニャーレスの気分が味わえるモンスターカラーのシグナスX!

2020年10月20日、ヤマハは原付二種スクーター「シグナスX」の限定モデル「シグナスX モンスターエナジー ヤマハMotoGPエディション」を発売しました。

画像: YAMAHA CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition 総排気量:124cc 発売日:2020年10月20日 限定800台 メーカー希望小売価格:34万6500円(税込)

YAMAHA CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

総排気量:124cc
発売日:2020年10月20日
限定800台
メーカー希望小売価格:34万6500円(税込)

このカラーは、MotoGPで活躍するレーシングマシン「YZR-M1」をシグナスXで再現したもの。

ヤマハのファクトリーチーム「Monster Energy Yamaha MotoGP」のマシン同様、モンスターエナジーやエネオスなどといったスポンサーのデカールがあしらわれているのが特徴です。

画像: バレンティーノ・ロッシ選手がMotoGPで駆るYZR-M1(Monster Energy Yamaha MotoGP)

バレンティーノ・ロッシ選手がMotoGPで駆るYZR-M1(Monster Energy Yamaha MotoGP)

画像: シグナスXのMotoGPエディションにもモンスターエナジーやエネオス、ヤマルーブのデカールが各所にあしらわれています。

シグナスXのMotoGPエディションにもモンスターエナジーやエネオス、ヤマルーブのデカールが各所にあしらわれています。

「シグナスX」は、空冷4ストSOHC4バルブエンジンを搭載した総排気量124ccの原付二種。スタイリッシュなデザインで、前後輪にシングルブレーキを採用するなど、スポーティさが魅力のスクーターです。

スタンダードモデルとこのMotoGPエディションの変更点はカラー&グラフィックのみで、仕様は変わりません。スタンダードモデルとの価格差は、税込でプラス11000円。限定800台の販売となります。

じつは、この特別色をまとったシグナスXは2019年9月にも1300台限定で発売されました。好評につき再びリリースされることとなったのでしょう。

昨年モデルから仕様の変更はありませんが、リアサスペンションやグラブバーのカラーが変わっています。

限定グラフィックのバイクは、一期一会。シグナスXはたまたま2年続きましたが、次はあるかは分かりません。ビビッときた方は、すぐにお近くの販売店等で実車をチェックしてみるのをおすすめします!

まとめ:西野鉄兵

ヤマハ「シグナスX」 主なスペック・価格

全長×全幅×全高1890×690×1120mm
ホイールベース1305mm
最低地上高115mm
シート高775mm
車両重量119kg
エンジン形式空冷4ストSOHC4バルブ単気筒
総排気量124cc
ボア×ストローク52.4×57.9mm
圧縮比10.0
最高出力7.2kW(9.8PS)/7500rpm
最大トルク9.9N・m(1.0kgf・m)/6000rpm
燃料タンク容量6.5L
変速機形式Vベルト式無段変速
キャスター角27゜
トレール量90mm
タイヤサイズ(前・後)110/70-12 47L・120/70-12 51L
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格税込33万5500円(MotoGPエディションは税込34万6500円)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.