日本、台湾、マレーシアでそれぞれに紡がれる純愛を描く映画『越年 Lovers』が2021年1月15日(金)全国公開されることが決定。峯田和伸(銀杏BOYZ)・橋本マナミの映るオフショットも到着した。
画像: 峯田和伸(銀杏BOYZ)・橋本マナミ共演『越年 Lovers』公開日決定

2020年高雄映画祭の特別記念招待作品として国内外で話題に

本作は、雪に包まれた日本の山形、台湾の首都・台北と彰化(しょうか)県の海辺の町、そしてマレーシア・クアラルンプールの魅力的な3つの地で紡がれる恋の物語。

監督が山形の雪と桜にインスパイアされ撮影が決まったという日本パートでは、久しぶりに帰郷する主人公・寛一(ひろかず)を同県山辺町出身の峯田和伸(銀杏BOYZ)が演じる。寛一の幼馴染で初恋相手の碧(あおい)を演じるのは山形市出身の橋本マナミ。

美しい山形の雪景色の中で数十年ぶりに再会する寛一と碧の物語のほか、本作では台湾とマレーシアも舞台となり、それぞれの街で素直になれない恋心たちが描かれ、台湾パートには“ピピ”の愛称で日本でも活躍するヤオ・アイニンが出演している。

海外でも人気の岡本かの子の短編小説集に感銘を受けた台湾の実力派女性映画監督グオ・チェンディ(郭珍弟)が脚本・監督を務め、ノスタルジーと旅情を誘う映像美で紡いだ。

同じ越年の風景でも北国・山形のマイナス20℃の雪景と30℃を越す灼熱のクアラルンプールとの稀有なコントラストが映し出された本作について、「それは、時に冷め、時に熱を帯びる愛情のプロセスのようでもあった」とグオ監督は語る。

昨年11月に行われた第15回山形国際ムービーフェスティバル2019で初めて本作がお披露目された際には、多くの地元ファンが会場を埋め尽くし満席となり、地元ファンから多くの称賛を受けた。

12月18日(金)に山形・仙台先行公開、そして2020年高雄映画祭の特別記念招待作品として、国内外で話題になっている本作が、新年2021年1月15日(金)に全国公開決定。北国・山形の白く美しい雪景色と「越年」というタイトルにふさわしい公開日となった。

あわせて本編オフショットが公開。コタツに入りながら真剣な表情でグオ監督の演技指導を受ける峯田と橋本の姿や、一方で無邪気にカメラを構え同級生役の2人を撮影しようとする橋本と、その後ろでギターを弾く峯田の様子が映し出されている。本編から溢れる寛一と碧の真面目さと優しさがにじみ出たオフショットとなっている。

越年 Lovers
2020年12/18(金) 山形・仙台先行公開
2021年1/15(金) 全国公開
配給:ギグリーボックス
©2019映画「越年」パートナーズ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.